SNS・ブログだからこそ「相手本位」の精神で発信したほうが結局は売れるという話

SNS発信マインド

いつもありがとうございます、堤です。

▼僕のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください(^^)

堤 建拓ってどんな人?名古屋のSNS・WEBマーケッター

2018.07.03

SNSを活用したビジネスというと、

・いかに相手を惹きつけるライティングをするか

・たくさんのフォロワー獲得のためにどうするか

などを一般的に考えるかと思います。

たけちゃんまん
実はそういったことの前にもっともっと大事なことが僕はあると思うんだ!
RENA嬢
なんだろ?なんだろ?

というわけで、本日は超基本的なことだけれども、誰もができているかと言うと、そうではない部分について、確認の意味で改めて見ていきたいと思います。

SNSの基本はコミュニケーション

SNSコミュニケーション

僕はSNSの基本はコミュニケーションだと思います。例えば、Facebookで友達になると、メッセンジャーで個別メッセージが送れたり、友達の投稿がタイムラインに上がってきたりします。SNSを使ってビジネスをやろうとする人はまずはこのコミュニケーションから始めるといいかと思います。つまり、

・Facebookでの友達の投稿にコメントをする

・メッセンジャーで個別にメッセージを送る

そんな当たり前のこといつもやっているよ!という声が聞こえてきそうですが、もう少しこの先を読み進めてください。めちゃめちゃ当たり前のことだけれど、本質はここにあるんです。

SNSだからこそ「相手本位」の精神で

相手本位

SNSで仕事を獲得するのにFacebookでの友達の投稿にコメントするのがいい!と聞いた途端、

\じゃあ1日に自分のお客さんになりそうな人を10人見つけて毎日その人が投稿するたびにコメントしよう!/

と安易に考えるとこれはあかんのです。こう考える人はあくまでも自分本位。自分のビジネス、仕事をいかに売り込むかを考えてしまっています。

しかし、大切なのは「相手本位」の精神。相手が困っている投稿していたら、力になれるようであれば、コメントをする。おめでたい投稿をしていたら、素直におめでとう!と心からのコメントをする。

どうコメントしたら、相手が喜んでくれるか、相手にとって嬉しいかをSNSだからこそ常に考えておくといいです。

たけちゃんまん
SNSで「自分!自分!」と出し過ぎる人はNG。売り込もう精神が強すぎる人が多い。

ところでよくあるFacebook無言友達申請をどう思うか

Facebook

よくある論争として、「Facebookの無言友達申請」があります。とりあえずFacebook友達上限の5,000人になるまで、友達申請をしておいて、多くの人に自分のビジネス投稿を見てもらう、ということですが、これについては、「全然問題ない」と捉える人もいれば、「無言で友達申請するなんてやめたほうがいい」という人まで様々な意見があります。これって実際、どうなんでしょうか?

RENA嬢
うーん、どうなんだろう??

申請はよい、ただしやり方が問題

例えば、ただ人数を増やすだけが目的で誰彼構わず、申請しまくるのは問題外です。上述のようにSNSの基本はコミュニケーション。自分が興味を持った相手にだけ申請したらいいのではないでしょうか。

たけちゃんまん
つまり、僕は今出版に興味があるから、その方のタイムラインを見て、出版関係の人であれば、友達申請してみるとかね!

そして申請の時には、必ずなぜ、申請をしたのか送るべきです。

RENA嬢
よく、共通の知人が多いから友達申請しました!ってくるけれど、それって申請の理由にはならない気がする。
たけちゃんまん
そうそう。その方のどういった投稿に興味をもって申請したかをメッセージで送って申請するといいんじゃないかな。そうすると、申請された方も嫌な気はしないよね。

Facebook友達申請はしても全然OK。ただし、自分の興味にある人だけに送り、しっかりとコミュニケーションを軸に置いた、メッセージを送る。そうすると、単なる5,000人の繋がりではなく、コミュニケーションによって、同じ5,000人でも、もう少し濃く繋がれます。

ブログだからこそ「相手本位」の精神で

ブログ

ブログでも実は全く同じことが言えます。本来ブログは、自分の商品やサービスの案内・告知のために書いている人が大半でしょう。ところが、常にセミナーのお知らせしかしていないブログ、常にその人の商品の案内しかしていないブログがあったらどうでしょうか。

僕の場合はそんなに見たいとは思いません。

ブログ上での「相手本位」。それは自分のブログのペルソナさんが困っていそうなお悩みごとのアンサーをブログ記事にすること。例えば、このMARKELINKブログは、LINE@の効果的な使い方やブログからの集客方法などを事細かに書いています。よく、こんな有料級の情報をブログに無料公開してしまっていいの?と言われますが、いいんです。もちろん、そのブログ記事で解決してしまう人もいますが、もっと知りたい!ということでセミナーに参加してくれたり、実際サービスを購入してくれたりする人なんて実は山ほどいるんです。

見込み顧客・クライアントのお困りごとはブログのネタに

この考え方があると、自分の見込み顧客やクライアントさんのお困りごとをブログのネタにするという発想にたどり着きます。例えば、セミナーに申込をしてくれた人に対して僕はLINE@の1:1トークで事前にやりとりをしますが、そのやりとりの中で、

・当日セミナーで知りたいことは特にありますか?

・今SNSやブログ活用で困っている事はありますか?

と聞くことがあります。その返信で「LINE@の友達の増やし方が知りたい」と返ってきたとすると、セミナー参加してもらう前にむしろそのアンサー記事を書き、その方に提供してあげるんです。

見込み顧客・クライアントのお困りごと解決は一石二鳥

こうすることで、

・常に見込み顧客に困っていることを聞いて、そのアンサーをブログ記事にするので、ブログ記事のネタに困ることがない

・その見込み顧客の困りごとを解決することになるので、相手から感謝してもらえる

ということが実現できますね。

RENA嬢
たけちゃん、RENAも困りごとあるから、ブログ記事にして!
たけちゃんまん
どんな困りごと??
RENA嬢
私服のセンスのないたけちゃんがどうやったら、オシャレになるかに困っている!
たけちゃんまん
ただの悪口やめてwww

皆さんも、SNS・ブログだからこそ、「相手本位」な使い方や発信を心がけてくださいね!

SNS発信マインド

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください