決済手数料ゼロ!個人事業主にぴったりの集金ツール paymoの使い方

速報( ;∀;) paymo bizの長年続いた手数料無料キャンペーンが終わる!最新情報はこちらの記事に載っていますので、まずは先にこちらを確認ください!

悲報!paymo bizが5月29日から決済手数料請求開始

2018.05.04

いつもありがとうございます、久しぶりにこれでもかっ!というくらいの体調不良になり、アポを全キャンセルした堤です。そして先ほどまで12時間寝ていました。このブログを書いたらまた3時間ほど昼寝をする予定です。何なら僕は24時間寝ていられるほどの絶賛出不精です。

あんりごん
そんな体調不良の状態でもブログを書き続けるたけちゃんって。笑
たけちゃんまん
今日はどうしても僕の周りの人にとって有益なツールを紹介したいんだ!

僕の周りにはご自身の専門分野でセミナーを定期的にやられている方、自宅等でスクールをやられている方が非常に多いので、その方たちにとって持っておいて120%損のない集金ツールpaymoを紹介したいと思います。

たけちゃんまん
セミナーやスクールをやると「集金方法」を考えなければいけないけれど、クレジットカードやコンビニ決済を可能にしてくれる便利ツール、それがpaymoなんだ!
あんりごん
たけちゃん、でもクレジットカード決済ならpaypalなんかの方が有名だけど、それでもこのpaymoの方が良いの?
たけちゃんまん
一長一短のところはあるけれど、今回はpaymoの良さについて一緒に見ていこう!

セミナー・イベント、スクールの集金方法

セミナー・イベントを行うと必ず問題になってくるのが、この集金方法。一般的に考えて、「現金」「振込」「クレジットカード」の3種類くらいは頭に浮かぶのではないでしょうか。「現金」は当日その場で頂いて、領収書を発行すれば問題ありませんので、1番簡単な方法ですね。次に「振込」。これは自分の入金口座番号などを相手に伝えてそこに振込してもらうというもの。これも簡単な方法ですが、振込しなければならない、という手間が少し発生し、振込手数料が発生する場合もあります。最後に「クレジットカード」。こちらは他社の決済システムを利用しなければならず、便利な反面、手数料がかかってきます。僕たちセミナー・イベント主催者にとってこの手数料というのが意外とネックと言えば、ネック。前述したpaypalだとケースバイケースなのですが、基本的に決済額の3.6%+40円がかかってきます。例えば、価格が3,000円のセミナーに30人出席し、仮に全ての参加者がpaypal決済だとすると、

3,000円×30人=90,000円 90,000×3.6%=3,240円

40円×30人=1,200円

3,240円+1,200円=合計:4,640円

5,000円近く手数料で取られてしまいます。しかしこの手数料をなんと0円にできる方法が今回ご紹介するpaymoで可能であることを皆さんにご紹介します。

あんりごん
クレジットカード決済で決済手数料0円ということはあり得るの?
たけちゃんまん
可能なんだ。それを今回見ていくことにしよう。

paymoの基礎知識

それではここからpaymoについての基礎知識を一緒に学んでいきましょう。繰り返しになりますが、paymoは個人事業主でも初期費用0円、決済手数料0円で導入できるクレジットカード決済を可能にするものです。またクレジットカード決済だけではなくコンビニ決済も可能になるので、paymoを導入すれば、「現金」「振込」「クレジットカード決済」「コンビニ決済」の4種類の方法を少なくとも持つことができるようになります。決済手段は少ないよりも多いほうが良いですので、下の動画を見ながら皆さんもアカウント作成をしていきましょう。

paymoのアカウント取得

それではpaymoを持つメリットがなんとなくわかってきたところで動画をご覧ください。

▼まずはこちらからpaymoのアカウント登録をします。paymoの公式ホームページで謳っているように1分くらいあれば登録は終わります。

▼登録が終わった後は、情報を編集していきましょう。アカウント名や写真を挿入することで、ちゃんとその人のお店(アカウント)だなと外部の人から見てもわかるようにしていく必要がありますね。

▼そして以後、商品を販売できるようにするためにここから販売者情報を編集していきます。難しいことは何もありませんが、商品を売っていきますので、「特定商取引法に基づく表記」も編集していく必要があります。このあたりは元から入っている文を確認したり、少しいじる程度で大丈夫でしょう。詳しくは動画を見て確認してください。

▼ここまで情報の入力や編集が終わったら、ここからいよいよ商品・サービスの販売ができるようになります。次に商品販売の手順をこちらの動画で確認していきましょう。販売する商品の種類に応じて書き方は少し異なりますが、基本的には動画のような手順になります。

これで毎回セミナーをやるたびにpaymoに登録してそのURLを発行し、それをお客様に送るだけですので、ものすごく簡単です。

あんりごん
とても簡単でした!
たけちゃんまん
そうだよね。ぜひ皆さんも使ってほしい!

paymoを使いこなす応用編

実は動画の中にも少し出ていましたが、これ月額課金もできるから超すごい。月額課金とは、例えば、僕の場合ですと英会話スクールを運営しています。毎月のお月謝は基本的には固定で変わりません。生徒がたくさんいる場合、毎月この上の動画で見てきたような作業をするのはかなり面倒ですから、じゃあ月額課金で設定しておこうということになります。

図のように「毎月〇日払い」と何日に自動引き落としされるか、設定できますし、支払い期間も何か月か設定できます。月額課金の場合はもちろんクレジットカードでの決済の場合でしか利用できません。

僕の場合は「月額課金」⇒英会話スクールのレッスン料、「通常の商品登録」⇒英会話セミナーやSNSセミナーなどその他の支払い全て、というようにpaymoを最大限利用させてもらっています。

そしてさらにpaymoのアプリをダウンロードしてもらえれば、QRコードからの支払いも可能です。この場合都度都度、URLを発行する手間がかからないので、購入者はQRコードを読み取るだけで支払いが終わります。もちろん、こちらで金額入力をする必要はありますが、手間いらずですね。

※1回あたりの販売額が30,000円以下である必要があります。また月間販売額が100,000円を超えると使用できなくなります。

さてこうして購入してもらった商品やサービスによって得られる対価ですが、図のように引き出し申請を行うことで、自分の口座へと入金されます。

毎月1~10日に申請 → 同月11日から数えて4営業日目にお振り込み
毎月11~20日に申請 → 同月21日から数えて4営業日目にお振り込み
毎月21~末日に申請 → 翌月1日から数えて4営業日目にお振り込み

と決まっていますので、引き出し申請してから実際に口座に入金されるまでは少しタイムラグがあることを覚えておいてください。

最後にpaymoのデメリットも。

これから起業される方、起業して間もない方、個人事業主にとってはとても重宝しそうなpaymoですが、デメリットもしっかり覚えておきましょう。使用できるクレジットカードが、VISAとMasterCardの2種類というのはかなり痛手です。JCBやAMEXは使えません。「JCB使えませんか?」という問い合わせはよく頂くので、ここだけは商品購入者に予め説明しておかなければなりません。また同様にコンビニ決済の場合はローソン・ファミリーマート・ミニストップのみです。主要なコンビニでいくとセブンイレブンでは利用不可です。

そして現在利用手数料0%のpaymoですが、こちらは予告なく利用手数料が発生するようになるかもしれないということを覚えておかなければなりません。(2018年5月更新!本当にpaymoに手数料導入が決定しました( ;∀;))

悲報!paymo bizが5月29日から決済手数料請求開始

2018.05.04
あんりごん
みんなも気になっていると思うけれど、どうしてpaymoはそもそも手数料がかからないんだろう。
たけちゃんまん
僕も良く分からないけれど、1つ理由として考えられるのは、まずは手数料を無料にすることによって利用者を増やしたいのではないかなあと思っているよ。この考えからするといずれは手数料が発生することにはなるだろうね。

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください