第2章 もし普通の主婦がゼロから英会話スクールを始めて収益化を目指したら

第2章 もし普通の主婦がゼロから英会話スクールを始めて収益化を目指したら

いつもありがとうございます、前回投稿した第1章の記事でなっちゃんが登場して早くもなっちゃんファンができてジェラシーが止まらない堤です。

あんりごん
たけちゃんってファン2人くらいだもんね。
たけちゃんまん
え、誰と誰?
あんりごん
お母さんとお父さんでしょ?
たけちゃんまん
それはそれであったかくていいけどね。笑

さて、前回は商品やサービスの種類は大きく分けて4種類あることを学びました。

>>前回 第1章の記事をまだ見ていない方はこちら!

本日は、実際に核となる商品を作っていくときのステップを見ていくことにします。

たけちゃんまん
なっちゃん、英会話と一口に言っても色々な商品が考えられるから、今日はそれを順番に作っていこう!
なっちゃん
うん、よろしくね~!

それでは皆さんも一緒に見ていくことにしましょう!ヒア・ウィ・ゴッ!

どんな商品・サービスを提供するか、基礎の基礎を作っていく

まず皆さんに共有したいのが、今でこそしっかりと安定した英会話の商品やサービスを提供できている僕ですが、起業当初1か月・2か月の時はろくに商品も作れていなかったので、(というか作り方もそもそもわからなかった)なかなか収益化できない状況でした。ですので、今日は簡単なワークを用いて、自分の好きなこと・できること・必要とされていることの3つを全てを網羅したオリジナルの商品やサービスを作っていくステップを紹介していきたいと思います。

Want・Can・Needの3つを網羅するスキなことを探そう

まずはWant(したいこと)Can(できること)・Need(必要とされていること)の3つを網羅されている事を見出す必要があります。3つのうちどれが欠けてもダメです。できることでニーズがあることでも、自分がしたくないことであったらそれは続きません。例えば、月に100万円もらえる掃除のお仕事があったとしても、僕は掃除がめちゃくちゃ嫌いなので、それは続かないと思います。なので、ベン図でいう、3つの円が交わるところを自分のお仕事にする必要があります。

あんりごん
たけちゃんの机の上っていつも汚いもんね。

Wantの見つけ方

とは言ってもWant(したいこと)ってどうやって見つければいいの?言われてみると意外と何だろう…って考えてしまいますね。言い方を変えると、「自分の趣味」・「自分がよくお金や時間を使うもの」と捉えることもできます。例えば、僕は英会話にこれまで多くの時間を費やしてきましたし、留学にお金もたくさん投資してきました。SNSだって一般の人と比べたらかなりの時間を費やして研究してきました。

たけちゃんまん
なっちゃんのWant(やりたいこと)って何だろう?
なっちゃん
英語・留学・教育・経営・美容・ヨガ・音楽・心理学・人が喜ぶこと!
たけちゃんまん
たくさん出てきていいね!それでもこの調子でCan(できること)も見ていこう!

Canの見つけ方

Can(できること)は自分がこの分野だったら他に負けない!という自信があることと同義です。もう少し具体的に言うと、これまで仕事としてやってきたこと、持っている資格や経験ということになります。僕であれば前職ECCで英会話スクールコンサルタントをしていたこと、300人以上の英会話指導経験があったこと、海外留学をしていたこと、TOEICスコアを960点保持していたことが英会話スクールを運営するきっかけになりました。

たけちゃんまん
ここでちょっと蛇足だけど、特に女性に多いのが「資格病」に注意だね!
なっちゃん
「資格病?」
たけちゃんまん
そうそう、自分に自信が持てないせいか、資格をとって自信をつけるためか、高額な資格取得講座を幾つもとる。でも結局なかなか自分に自信がつかなくていつまでたっても動けない。
なっちゃん
確かに…でも何かを始めるとなるとやっぱり資格ってあったほうが良いって思うけどね。
たけちゃんまん
うん、資格が悪いわけじゃないけれど、資格を取ることに夢中になっている人が多いんだ。ちょっと考え方を逆転させて下のような発想で考えてみることも大切だよ!

50万円の高額講座で資格を取得するか、250人にモニターとして体験してもらうか

では仮に英会話をスクールを始めたい方を例にとってみましょう。英会話を始めるにあたり、民間の指導者資格を50万円かけてとることができるとします。もちろん、適切な指導方法を知ることは大切です。しかし、英会話スクールを始めることの最大のゴールは何かと考えると、それは、生徒さんを集めてレッスンをすること、売上を上げることです。決して資格をとればいいということではありません。つまり、生徒を集めるということがゴールであれば、そこまでの道のりは資格を取る、ということだけではありません。

例えば、同じ50万円をかけるにしても、モニターとして1人に2,000円お支払いするから、レッスンを受けてもらうという発想もあります。2,000円をお支払いする代わりに、お客様の声としてアンケートを書いてもらう、もっとレッスンがよくなるようにフィードバックしてもらう、自身のSNSで投稿してもらう。こうして1人につき、2,000円払ってのモニターを50万円分行うと、250人に対しての指導実績ができます。モニターの使い方によっては、宣伝効果にもなります。モニターを受けた側も、2,000円ももらえて、レッスンも受けられたら、この人のことを応援しよう!という気になりますよね。

そして皆さまも考えてください。とあるよくわからない資格を持っている指導経験ゼロの英会話の先生か、資格は持っていないけれど、250人に対して指導実績のある英会話の先生、どちらに教わりたいと思いますか?

たけちゃんまん
なっちゃんのCanはどう??
なっちゃん
TOEIC、TOEFL、英会話、美容、ダイエット法、ファッション、人の悩みとか話を聞くのが好き…とかかなあ。
たけちゃんまん
ありがとう!TOEICとか英会話というキーワードの出し方ではなくて、具体的に「TOEICスコア900点」とか「英会話指導年数5年」とかって数字を含めて出せるようにするのがCanだね!
なっちゃん
なるほど!数字で見せたほうが説得力があるね!

Needの見つけ方

1番手っ取りばやいのは、goodkeywordというツールを使うことです。GoogleやYahooでgoodkeywordと検索してみてください。このツールは、例えば「英会話」というキーワードで検索した時に、どんな複数ワードで検索しているかがわかるツールです。図のように「英会話カフェ」とか「英会話 初心者」、「英会話 マンツーマン」といった英会話という語を含むよく検索されるキーワードが調べられるというものです。こういったキーワードを見ていくと、既存のスクールにとらわれず、カフェのような英会話スクールを運営していこう!とか、初心者向けのコースやマンツーマンのコースがあったほうがいいな!など商品開発をしていく大きなヒントになります。何よりよく検索されているワードしか出ないため、世の中のニーズがよくわかります。

また、シンプルに本屋さんに行ってみて、そのジャンルやテーマで売れている本をサーチするというのも簡単にできるNeed発見方法だと思います。本のタイトルは非常によく考えてつけられていますし、売れている本=Needのある本と捉えて良いかと思います。

たけちゃんまん
ちなみに英会話だと、カフェ、初心者、マンツーマン、アプリ、安い…このあたりがヒントになりそうだね。
なっちゃん
うん!本屋さんにも行ってみるね!
たけちゃんまん
そしてこれまたここで補足だけど、複数軸で考えることも意識してね!

複数軸の考え方

例えば、英会話を教えられる人が100人に1人いるとすると、でもそれだけでは1/100の人。同じようにマーケティングを教えられる人も100人に1人いるとします。

では英会話を教えられて、マーケティングも知っている人って100×100 = 10000だから、1/10000の人。競合他社が少なくなるからその分求められることも多くなります。この軸が3つあったら、100×100×100 = すでに100万人に1人の存在にだって計算上はなることができるのです。

さてここまでWant・Can・Needを見てくると、この方面で勝負していきたい!っていうことが見えてくるかとも思います。ではこの次のステップとして、その見えてきたテーマに対して考えられる悩みを5つほどピックアップしてみてください。

たけちゃんまん
なっちゃんはどんな感じ?
なっちゃん
やっぱり、英会話がメインになるかも。そして英会話×子ども、そして子どもを持つママのためにも何かできないかなあと思っているよ!
たけちゃんまん
では子どもを持つママが英会話に関して持ちそうな悩みを5つ書いてみよう!もし、悩みを出すのが難しければ、「子どもを持つママ」をもう少し具体的に書くとより見えてくるよ!

理想のお客さん像(=ペルソナ)を設定をする

「子どもを持つママ」と言えども「5歳の子どもを持つママ」と「10歳の子どもを持つママ」の英会話に対する悩みを全く異なってきます。自分の1番のメインターゲットとなるお客さんの像(ペルソナ)を設定しましょう。

例えば、以下のような観点で設定していくと具体的に見えてきます。

・年齢
・職業
・居住地
・家族構成
・世帯年収
・価値観
・手に入れたい未来
・焦り度(その未来をいつまでに達成したい?)
・未来達成を邪魔している問題

なっちゃん
たけちゃん!ペルソナも考えてみた!40歳、パートの女性。夫と8歳と6歳の息子2人がいて、東京に住んでいる。世帯年収は650万円で、達成した未来は将来子どもと海外旅行に一緒に行きたい。そんなに焦ってはいないけれど、モチベーションが続くかどうか不安だし、英会話の何から始めたらいいのかわからない。こんな感じでどうかな?
たけちゃんまん
いいねいいね!ではそのペルソナが抱きそうな悩みは?
・何歳から子どもに英会話を習わせたらいいのかわからない
・スクールに通わせるのかそれとも良い教材があるのか知りたい
・英会話を続けられるかわからない
・英語の発音がどうしたらよくなるのかわからない
・日本人の先生に習うかネイティブの先生に習うのかどちらがいいか知りたい
なっちゃん
こんな感じかなあ。
たけちゃんまん
素晴らしい!それでは結局のところ、どんな商品テーマにしたらいいのか、まとめるよ!

商品・サービスのまとめ

ここまで見てきたことをもとに次の空所を埋めてみましょう。

①『           』と悩んでいる ←ターゲットの悩み

②『           』という人に ←ペルソナ設定

③『           』というあなたの好き・強みを使って ←Want・Can・Need

⇒〇〇を商品・サービスにします!

とこんな感じになります。

たけちゃんまん
それではなっちゃんの場合は?
なっちゃん
『英会話をどのように習わせたら1番いいのかわからない、8歳と6歳の息子を持つママに対して、子どもに英会話を教えられるという好き・強みを使って、悩みを持つママのためのコミュニティーを作り、子どもに英会話を教えるサービス』をします!
たけちゃんまん
おお!もちろんメインは子ども英会話だけれど、単に子どもに英会話を教えるだけではなくて、教育など不安ごとの多いママたちのためのコミュニティーを作るというアイデアはすごくいいね!どんなコミュニティーかが深堀りする必要あるけれども、英会話に限らず、なっちゃんの得意な美容や健康も活かせるかもね!そして自分のサービス=ブログのテーマと考えてよいから、これである程度の方針も決まりだ!メインのコンテンツは子ども英会話に対する悩み解消のブログを作成していって、なっちゃんの得意な美容や健康もサブとしてなっちゃんのキャラを立たせるために小出しにしていこう!
なっちゃん
ちなみにそのキャラを立たせるためにたけちゃんはどんなことを意識しているの?
たけちゃんまん
うーん、英会話やSNS発信に詳しいオモロイおっさんっ的なポジションを目指しているよ。
あんりごん
たけちゃん、オモロイおっさんじゃなくて、オモロナイおっさんじゃない?
たけちゃんまん
出た、毒舌あんりごん笑

さて次回の章では、商品を構築する際の考え方やヒントとなるものを見ていきます。皆さんもぜひ、自分に照らし合わせて商品やサービスを考える際の参考にしてもらえれば嬉しいです。

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください