通勤電車の無用な20分でブログは何文字書けるのか検証してみた

いつもありがとうございます、堤です。今日はめっちゃ焦っています。ガチの企画をやります。どんな企画?

そう…

通勤電車の中の無用な時間でブログを1本完成させる企画です。

僕は現在愛知県の稲沢市という名古屋から電車で15分くらい離れたところに住んでいるのですが、僕のオフィスは名古屋からもう1つ先の駅(急行・特急で)の金山という場所の近くにあります。つまり、僕の家の最寄の駅から金山まで電車で20分ほどかかるのですが、僕はこの毎日の20分を、

ぼーっとしたり
他ごと考えたり

無用に過ごしていました。

だから今日は今、この企画をガチでやっています。
名付けて、

\通勤電車の無用な20分でブログは何文字書けるのか検証記事!/

最初に言っておきます。
思いつきではありますが、ガチで挑んでいますので記事のクオリティーは期待しない方がいいかもしれません。それでもこの検証記事で皆さまに20分でもブログってこんなにも書けちゃうんだ!という勇気を与えるためだけに頑張ります。

ちなみにもうこの企画スタートしています。

そうこうしている間に最初の駅、新清洲に停車中です。名古屋まであと3駅、金山まではあと4駅。こんな感じで実況中継もしていきます。

あ、言い忘れていましたが、この記事、もちろんパソコンではなくて、スマホでうっています。

では特にテーマも決まっていないのですが、せっかくなのでブログを書くときの基本について改めて伝えていければと思います。

ブログを書くときの基本

僕の以前の記事では再三、ブログは日記型ではなく、コンテンツ型で書きましょう!ということを伝えてきました。

僕のように全くぬの無名のど素人が、

今日はお花見行ってきました〜〜
とか、
今日はディズニー行ってきました〜〜わーい!

という記事を見て誰が楽しむでしょうか。僕のオカンくらいだと思います。

だから僕であればある程度の字数の分量とリサーチでSNSやWebマーケティングに興味のある人をうならせるような記事を書きましょう、ということなんです。

だからある程度の文字数も大切になってくる。これも以前の記事で書いていますが、ブログを500文字とか700文字とかそんな短い文字数で書いていてもSEO対策的には△です。細かいことを話すときりがないのですが、ブログにどれだけの時間滞在してもらうかも大切になってくるので、短い記事よりも長く厚みのある記事を基本的には提供しましょう、というわけですね。

ブログに何を書いたらいいのか?

そしてこうしてブログはこういう風に書くといいですよ!という発信をしていると、よく、

でもブログに何を書いたらいいのかわからない…

と言われることも多々です。

それに対しての答えは、

自分の好きなことで相手のためになるテーマにしましょう!です。

いわゆる、

・自分の好きなこと(Want)
・自分のできること、得意なこと(Can)
・社会的にニーズのありそうなこと(Need)

の3つを網羅していればオッケーです。社会的にニーズがあるかどうか微妙ということであれば、少なくとも上2つは網羅していればブログを書き続けることはできます。
詳しくは自分のやりたいことやブログのテーマを決める際のこちらの記事をご覧ください。

第2章 もし普通の主婦がゼロから英会話スクールを始めて収益化を目指したら

2018.03.17

ブログの基本構成

さて、好きなことはあるけれど、ブログを書く能力かないという方へ。

ブログの基本的な構成は、

1つの問いに対して1つの明確なアンサーがあり、それを補填する複数の理由、そして細かな実体験や具体例を載せると説得力があるし、わかりやすい文章が書けます。

例を見てみましょう。
例えば、

僕(堤)はなぜオネエと間違われることが多いのか?

という僕のブログと全く関係のないテーマでも次の手順にそって書くと書けます。

(やばい、今名古屋に着きました、あと1駅しかない!)

 

なぜ僕はオネエと間違われるのか?

いつもありがとうございます、堤です。いきなりですが、今日はなぜ僕がオネエと間違われることが多いのかを記事にしたいと思います。
本当によくこれ、言われるので、もうそれに対応するのも面倒くさくなってきたので、いっそのことブログで理由を解明します。

多分なのですが、幼い頃から妹とめちゃめちゃ仲がよく、今まで幸か不幸か、男子の汗臭いガツガツした環境で生きてきていません。
例えば、
母親には常に妹に対してでもそうだし、友達に対しても優しく接するように育てられて来ました。
今までの人生を振り返ると、

・幼稚園の時の仲のいい友達は女子が多かった
・小学生から中学生までピアノを習う(そもそもピアノは女の子しか習っていなかった)
・中学生の時はまだシャープな顔だったので女子の友達も多かった
・高校時代に至ってはランチを食べる時の友達が全員女子(8人女子グループの中に1人だけ堤)
・大学時代から英語を習い始めたが、英語に興味のある人も留学に興味のある人も8割女子
・独立してからもなぜだかクライアントさんの9割が女性…

 

あーーーここで金山に着きます。フィニッシュ!!!

疲れました。頑張りました。最後にまとめられなかったので、まとめさせてください。

 

こうなると鶏が先か卵が先かわからないのですが、女子に対して優しく接するように育てられ、幼い頃から割と女子に囲まれて生きてきたせいか、

オネエっぽくなってしまった!!!

 

なんやねん、この記事。

ブログの基本構造テンプレート

とまあ、こんな形で、

①小見出し設定
②なぜその見出し・テーマを記事にしようと思ったのか
③シンプルにその答え
④なぜその答えになるのか体験談を語る
⑤まとめ

の5段階をテンプレにして僕はいつも記事を書いています。

だから僕は常日頃からSNSやwebの使い方でこれはお伝えしたい!とかこれはユーザーさんにとって有益だろうと思われるテーマをストックしておいて、あとは①〜⑤のテンプレに沿って書いているだけです。

③までは正直、どのブロガーが書いても大差がないのですが、④の自分の体験談こそ、他のブロガーと差をつけるところで自分がどんな経験をしてきたから、そう思うのか、生きた体験談や生きたデータはものすごく説得力があるのです。

あとはいくつかの見出しをくっつけて、全体の記事の随所に僕特有のボケを散りばめたら終わりです。

TTPが大事

とは言っても、最初から自分のブログスタイルやテンプレを決めるのが難しいという方もいるかもしれません。そんな方は、自分の好きなブログを運営している方がどんな構成で記事を書いているか分析してテンプレ化してみてください。
これをTTP(徹底的にパクる)と言います。

さて、気になる通勤電車の中、20分で果たして何文字のブログ記事が書けたのか!という検証結果ですね。

純粋に20分間の通勤電車で書けた文字数はなんと、

1939文字!!

なんならほぼ2000文字です。僕のブログはだいたい3000文字を目安に書いているので、これを考慮すると朝の通勤電車と帰りの通勤電車で1日のブログの下書きが余裕で書けてしまいます。なんならおつりが来るくらいです。

今までぼーっとしていた通勤電車ですが、今後はブログ執筆に費やそうと思います。

実際に1か月やってみた!

実はこの通勤電車20分間でどれたけブログ記事をかけるのかという検証記事は4月に実験。

そして5月1日〜25日まで、通勤電車を利用した結果、25日間連続でブログを書くことに成功。26日目は風邪ひきました。ごめんなさい笑

ブログを書く時間は作るもの

というわけで、ブログを書けない、時間がないという皆さん。月並みな表現になってしまいますが、時間は作るもの。ぜひ通勤電車なり、スキマ時間なりでブログを書いてみてください。

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください