働き方改革を掲げる 世の中の一般的な働き方って全て正しいのだろうか

働き方

いつもありがとうございます、堤です。

▼僕のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください(^^)

堤 建拓ってどんな人?名古屋のSNS・WEBマーケッター

2018.07.03

そういえば、この前、マーケリンクのスタッフをしてくれている横井さんがこんな投稿をしてくれていました。

そう、「働き方改革」。半年以上も前の話になるので、すっかり自分がこの想いを里沙さんに発したことも忘れていたくらいでしたが、僕は結構これ、本気で取り組みたいと思っているんです。

ということで、本日はこられからの「ハタラキカタ」ということで、僕の想いを少し交えながらお話していきたいと思います。

ハタラキカタ改革① 会社に行くという概念をなくす

まず会社に行く通勤時間を考えてみましょう。皆さんは通勤時間に普段どれだけかけていますか?片道1時間くらい?仮に片道1時間だとしたら、往復で2時間。この往復の通勤時間、僕は非常にもったいないと感じるんです。

1日2時間の通勤時間も週5日勤務であれば、10時間。月に換算したら、40時間超にもなります。40時間あったら、在宅勤務にして、その浮いた40時間を趣味にあてたり、自分の好きなことをやったらいいと思うんです。

仕事だけに終わる人生なんてもったいない。「仕事=趣味、趣味=仕事」の僕ですら、仕事以外に打ち込めることを持った方がいいと思っています。

チャットやZOOMでなんとでもなる

冒頭でご紹介した里沙さん含め、マーケリンクではスタッフさんが3人いてくれています。彼女たちは基本、在宅勤務です。月に1回3時間だけ出社してもらい、あとは在宅。ZOOMを使うこともなく、全部チャットやクラウド上で連絡は事足ります。もちろん、出社しなければ業務ができない業種もあります。がしかし、こうしたツールが発達したこの時代、本当に誰もが毎日、会社に出社する必要はあるのでしょうか。

ハタラキカタ改革② 1日8時間勤務という概念をなくす

僕は前職は普通にサラリーマンをしていました。1日8時間勤務、昼休憩も含めたら、9時間拘束です。それでいて通勤に1時間。会社に行く準備と帰ってきてからの私服に着替えるのも含めたら、どんなに少なく見積もっても、1日合計で11時間拘束されていることになる!!!

このとき思ったんです。1度きりの人生、1日11時間も会社のことだけ考えて、生きていくのかなって。心の底から1日4時間くらいの勤務だったらどんなに楽だろうか、と思っていました。笑

僕だって人間なので、会社に行くのが乗り気でない時もあるし、体調が悪い時だってあります。そんな中、毎日11時間はさすがにしんどかったんです。

マーケリンクのスタッフさんは1日3時間勤務

彼女たちは1日3時間勤務で、それも週2日だけです。1人あたりの勤務時間を少なくしているのはもちろん理由があります。もちろん、それ以上の勤務時間を希望する場合は別ですが、基本は「無理をしないでほしい」という僕の想いがあります。学生時代、社会人になってから問わず、僕の周りでも、

・コンビニの店長に無理やりシフトを組まされて休めない

・平日だけでなく土日も休日出勤で体がボロボロ

圧倒的な業務量を前にして、人手が足りないことから、許容量以上に働かされている人を何十人も見てきましたし、僕自身もそういった経験をして苦しい思いをしたことがあります。

だからこそ、僕の想いとして、

・1日の勤務時間は必要最低限でOK(マーケリンクの場合は3時間)

・急に誰かが欠勤になっても、仕事がまわる仕組みを作っておく

・体調が悪くなった時は無理をしないように休みやすい環境づくりをする(無言のプレッシャーをかけない)

というところがあります。

ハタラキカタ改革③ 固定で決まった時間に働くという概念をなくす

マーケリンクのスタッフ例になりますが、彼女たちは基本、1日のうち好きな時間で働いて頂いています。最低限の業務をこなしてもらえれば、何時から何時に勤務しようと自由です。というか、むしろ好きな時間に働いた方が生産性は上がると思います。

例えば、僕は朝にすごく弱い人間です。笑 強制的に朝9時から働いて!と言われたら多分生産性は落ちます。笑 このブログを書いているのも深夜2時。人には人それぞれの都合や仕事サイクルがあると思うので、働く時間帯はそのスタッフさん自身に決めてもらっています。

好きな時間に、好きなことを、好きなだけ仕事にする

僕の究極の理想はこれです。もっと言うと、僕と一緒に働いてくれる方にこれを実現してもらうことが夢であり、理想。僕はこのマーケリンクのお仕事以外に、英会話スクールCOMULINKのフランチャイズスクール展開の事業もしています。COMULINK英会話スクールでは、

・オーナー自身が好きな曜日・時間にレッスンできます

・出社する必要もなく、英会話できるスペースがあれば場所も問いません

・〇時間以上働かないといけないという縛りは一切ありません

・「英会話」という「好き」を仕事にできます

ということが実現できると思います。もちろん、理想を並べるだけだと、利益がともなってこないので、集客・収益化のアドバイスを僕がさせて頂いています。

現在の堤の働き方はどうなのか

このブログ記事を書いている2018年11月現在、独立してからもうすぐ2年が経とうとしています。僕の働き方はどうなったかというと、

・朝が弱いため、仕事の開始は基本は13時~

・毎週水曜日は定休日にする

・月1回は国内旅行(しかも平日に行くので安い)

・働く相手やクライアントさんを選ぶことができる(嫌なお客さんは相手にしない)

・1日在宅で仕事をすることも

本当にこれが叶いました。まだまだ仕事を日々していないと落ち着かないレベルだし、もっと頑張らなきゃと思うこともありますが、少なくとも体調不良で仕事に行けないとか、気が乗らなくて仕事をしたくないと思うことが無くなりました。

皆さんは1度きりの人生、会社のために1日10時間以上、あなたの人生を捧げますか?

それとも、少しばかりの余裕を持って人生、楽しみながら生きたいですか?

働き方

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

1 個のコメント

  • 堤さん、はじめまして。
    以前、wordpressのマニュアルいただきました、のりおろーること河村典子です。

    働き方改革を掲げる〜を拝読して。
    堤さんの元で、働かれている女性スタッフの皆さんはお幸せだなぁと。

    理想はそうしたいと思っても、いざとなるとほんとに実現に漕ぎ着けるケースはなかなかないと思います。
    その理想の働き方を実践されてる事に尊敬しかないです。

    そして、理想の働き方を実現するには会社勤めではほぼ無理だなと、今までの自分の経験から実感してます。

    私は、今学校関係のバイトをしてますが。
    理想の働き方を実現するために、来年3月で退職することにしました。

    好きな文章を書くことで、残りの人生生きていきたいと思いますので、ブログで頑張っていければ
    と思い。

    今週で進路の件も解決しますので。
    せっかくいただいたマニュアルを活用させていただき、ブログ収入で理想の働き方を実現したいと改めて決意しました。

    とても参考になる記事をありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください