★素敵さん紹介No.12 共存共栄のファイナルシャルプランナー砂田光弘さん

いつもありがとうございます、中日ドラゴンズをこよなく愛する名古屋の中心で生きるマーケリンクの堤です。今年はピッチャーの頭数も揃い、大きな故障者もなく現時点でのベストな布陣かと思いきや、広島カープに開幕3連敗を喫してしまいました。

あんりごん
たけちゃんの人生なんて12連敗くらいだから、それに比べたら大したことないね!
たけちゃんまん
あんりごん、それ全然フォローになってないんだけど。笑

>>過去の素敵さん記事はこちら!

今日の素敵さん紹介は僕とこれまた同年代のファイナンシャルプランナーである砂田光弘(通称:すなっち)さんです。ファイナンシャルプランナーと聞くと、なんか怪しいイメージしか持っていなかった社会知らずの堤ですが、すなっちさんの過去や現在の想いを知ると、素晴らしい職業であるということがわかってきました。今日はそんなすなっちさんの過去を小説家もびっくりの長編作品で書いていきたいと思います。

優等生キャラだったすなっちさん

愛知県みよし市生まれのすなっちさん。幼稚園・小学校・中学、高校は地元であり、サッカーは小学校1年生から高校までやっていて、野球も小3~小6まで。スポーツも勉強もできる、級長もやってしまう優等生キャラ。一見順風満帆に見えたすなっちさんの幼少期ですが、将来やりたいことがあったわけでもなく、あまり自信がありませんでした。常に周りの目を気にしていた典型的な日本人。級長やキャプテンといったわかりやすい肩書きを手に入れることで安心感を得ていました。周りからの評価は高いけれど、自己評価は低い。周りに評価されていないと自分に価値がないのではないか、そう思っていました。

順当に見えた大学受験、しかし…

すなっちさんは順当に高校は進学校に入学。父親が名大落ちたということもあり、俺は名大に入るんだ、そう燃えていました。また、当時の数学の先生の教え方がとてもわかりやすく、そして、数学というより、人として好きだったということもあり、その先生みたいになりたいと思うように。数学の先生が名大卒ということで、すなっちさん自身も同じルートに進もうと決意します。センター試験も上手くいった。あとは2次試験だ!というところでまさかの事態が。

ついにその時は来た

ある日のこと。家族の様子がおかしい。なんと父親が突然動けなくなっていたのです。「あいつは受験を頑張っているから言わないでくれ。」そう言っていた父親の願いもむなしく、最悪のタイミングで父親が救急車に運ばれ、この時初めて父親がうつ病であることをすなっちさんは知ったのでした。うつ病の正確な発症時期はわからなかったのですが、精神的な大黒柱である父親を失う。なんとしても名大に受からなあかん。そんなすなっちさんの想いには反して、名大の2次試験、大得意の数学でケアレスミスをして、あと8点でのところで不合格になってしまいました。名大しか見ていなかったすなっちさん、とりあえず浪人はあり得ない。後期試験で名工大に合格し、そのまま入学します。

人生の歯車が狂い始める

大学入学後、1・2年生は普通の大学生。彼女が当時いたすなっちさんですが、すなっちさん自身の未熟さ故のトラブルで深く傷つけて裏切った形になってしまったことがありました。ある日のこと。彼女にそのことを迫られたすなっちさんは、何も言えなくなってしまい、彼女に今まであげたプレゼント全部をぶちまけられてしまったのです。

たけちゃんまん
プレゼントをぶちまけられたなんて相当のことだったんだねwww

別日にもう1度会うことにしたすなっちさんですが、当然別れ話になると思い、誠心誠意彼女に謝ってきっぱり別れるつもりでした。しかしすなっちさんの彼女の気持ちはそうではありませんでした。

「幸せにしてくれるまで別れるはずないじゃん。」

そう言った彼女。彼女のために変わろう。ここで逃げたら、自分がクズで終わる…

そう思ったすなっちさんはこの時初めて人生で自己啓発本を手に取りました。許してくれた彼女のためにも自分は変わるんだ!当時使っていたSNSのmixiにもそう書いたのです。そうしたところ、それを見たある人からメッセージが来て。

「何か僕に力になれることがあれば一度お会いしませんか?」

その人に会ってその人について行くと決めたすなっちさん。本気で人生を変えようと意気込んでいました。

彼女のために変わりたい、その想いが…

事業を始めるにあたり、消費者金融でお金を借り本気になっていたすなっちさん。彼女には話していたものの、稼げるようになったら話せばいいと、家族には黙っていました。しかしある時、家で彼女と電話としているときに、不審に思った母親がそれを盗み聞きしたのです。家族からしたら、父親が倒れたこんな大変な時に金を借りるなんて。すなっちさんと縁を切るかどうか家族会議まで開かれる始末。

結果、半ば強引に母親に消費者生活センターに連れていかれそこで全てを話すことになります。自信満々にこれからのビジョンをセンター職員と母親に話す、すなっちさん。センター職員から帰ってきた言葉は意外なものでした。

 

「その会社に関しての相談案件が何件かあります…」

と。

ふたを開けてみるとかなりのグレーゾーンの会社であることが判明。くしくもちょうど1年後、この会社が新聞沙汰になり、倒産したのでした。すなっちさんはこの時騙されていることに気づいたのです。家族が消費者金融にお金を返してくれましたが、家族はガン無視。彼女に「俺は変わるんだ!」と宣言したものの精神もボロボロになって、家族にも負担をかけて彼女にもまた嘘をついて。

このころちょうど何度か父親が入院先から自宅に帰ってくることがあったのですが、ある日。父親が自分の部屋に入ってきて、こう問いかけてくれたのでした。

「本当は家族を救おうとして頑張っていたんじゃないのか?」

父親のその言葉にただただ涙が出るだけのすなっちさん。

父親が家族を集めてくれ、すなっちさんは家族に土下座して謝りました。もう1回やり直そう。そこから家族とまたゼロからのスタート。すなっちさんは家族を救うため、彼女のために再決心したのでした。どん底の状態を救ってくれた父親、家族、そして彼女。今度はすなっちさんが恩返しをするために色々な経験を積もうとこの時考えました。サークルの代表をやる、団体を立ち上げる。人がやっていないことをやろう。

まだまだ続くどん底人生

こうした中、就職を迫られることとなったすなっちさん。過去の経験から「モノ」があることだけで自分の幸せには繋がらない。救ってくれたのも結局父親の「言葉」だった。理系で友達がトヨタ系の大企業に進む中、モノづくりに興味がなくなったすなっちさんは社員数10人くらいの求人広告の会社に入社することになります。

しかしそんな最中、今度はすなっちさん自身がうつ病になってしまいます。大学時代に人よりもいろいろな経験をしてきたし、自分はできるはず。しかし、新卒1年目の人間が成果が出るはずもなく、営業成績も上がらず、会社でも怒られる日々。社長や上司は自分を大切に思って怒ってくれているのに、全く力になれていない。父親を救うどころか、周りの人全員に迷惑をかけている。そんな自分を受け入れられず、訳が分かんなくなって。精神がぐるぐるしてしまい、うつ病となってしまったのでした。

さらに追い打ちをかけるように実は父親が難病である、パーキンソン病であることが判明します。この時医者に父親は10年後に寝たきりになると宣告されたすなっちさん。自分を救ってくれた父親を自分は10年後に果たして救えるのか?今の自分の会社にいても、大好きな仲間の先輩たちに迷惑をかけてばかり。このままでは自分は何も変われない。僕の父親は救えない。

なんとかして自分を変えなければ。でもどうしたら。

 

偶然の出会いが人生を好転させる

そんな時、療養していたすなっちさんでしたが、たまたま友達から電話がかかってきて久々に会うことに。その時にその友人から熱い夢を語られ、感化されたすなっちさん。

このまま人生終わりたくない、何があっても家族と彼女を守る。でもどうしたらいいかわからん!!!

そしてこの時紹介されたのがたまたまFP(ファイナンシャルプランナー)という仕事。一度過去に騙されたことのあるすなっちさんは当然ながら色々と疑います。

「どうせまただまそうとしている。どこで高いツボ出てくるのか。」

半年・1年間、そのFPさんたちと付き合ってきたけれど、騙されるどころか、この人たちみんなカッコイイ。金中心で動いているのではなく、信頼関係とかもっとその先のもので動いているんだ…。

決意したものの何も変われていない自分。

 

「なんで僕の人生変わらないのですか!」

 

泣きながらFPさんに詰め寄ることもありました。まだほんの2年前の話です。

“君の物事の考え方そのものが、25年生きてきたまさにその結果。こうなりたいんだ!と模範にしている人が何を考えているか、その脳みそがわかればいい。つまりその人の真似を素直にしてみなさい!”

FPという仕事が何なのかもわからず当初はがむしゃらに進んできたすなっちさん。特にFPに対するこだわりはない。夢が叶えば何でもいい。家族を守るということだけ。それだけは人生で何があっても譲れない。いい車に乗りたい、良い家に住みたい。そんなことは一切思わないけれど、家族を守れなかった時のことを考えるとそれだけは耐えきれない。

すなっちさんの尊敬するFPに言われたこと

「自分1人で何かをしようという発想はあかん。全部自分でやるのは無理。周りに協力者を作ることが重要。どういう人が応援されるのか、徹底追及しなさい。常に周りの人の味方でありなさい。その人たちが困っていることを解決してあげることに全力を注ぎなさい。」

自分が困っている人を助けることによって「お金と時間」を相手に生み出す。そしてその浮いたお金と時間をその人の夢に使ってもらう。砂田と会ったことによって人生がうまくいった、と言ってもらえるようにすなっちさんは今、この瞬間もたくさんの人に会い続け、たくさんの人を救っています。

すなっちさんの今後繋がりたい人

人として長いお付き合いができる人。共存・共栄という考え方が通じる人。僕の持っているものは全部差し出します。お金のこと・人生設計のこと。何でも相談してください。繰り返しになりますが、人生レベルでお互いに助け合って長く付き合っていける方とお会いしたいです。

たけちゃんまん
すなっちさんありがとう!素敵さん紹介、過去最長の記事になって手が腱鞘炎だ。
あんりごん
たけちゃん、せっかくの感動的な記事を台無しにしないでよねwww
たけちゃんまん
それでは最後におきまりの堤を一言で表すと!をお願いします。

めっちゃ女子(笑)安心感あって堤だけに包み込まれる感じがする(笑)お母さんいや、おばあちゃんに近いかも。いい意味で近すぎず、遠すぎずの存在。少し離れたところから頑張りなさい~って見持ってくれているイメージですかね。

たけちゃんまん
女子力あるって言われることはあるけれど、おばあちゃんは初だなwww

すなっちさん、ありがとうございました!

すなっちさんに実際に会いたい!オープンセミナーを実際に受けたい!という方は、
2018年4月24日(火) @名古屋JPタワーにて、
「90%の損を避け、賢く生きるためのマネー講座」を1日限定で行いますので、ぜひ(^^)

すなっちさんと繋がりたい人は以下のLINE@メッセージから「砂田さん相談希望」と連絡してね!
先着3名まで無料でお金に関する質問や悩みを解消してくれるということです!堤もコンサルしてもらい、本当にオススメだったので今回、素敵さんとして紹介させてもらいました!!

友だち追加

 

砂田光弘のプロフィール

愛知県みよし市出身。
名古屋工業大学卒業。

大学卒業後、会社員を経て2015年に友人の紹介でファイナンシャルプランナーと出会う。

夢を叶えるため経営者になることを決意し、最初に始めた商売は「路上」。

100円のチップスターを夢を語り応援していただいて1000円をいただくという商売からスタート。

その後、愛知県〜福岡県のヒッチハイクを行い、野宿などを経験するも、見知らぬ人たちの応援と助けによって、決めていたミッションも全てクリア。

「多くの協力してくれる人がいれば、なんでもできる」

と確信し、2015年7月独立系ファイナンシャルプランナーとして独立。

独立系ファイナンシャルプランナーとして個人やご家庭のお金を中心とした相談・アドバイスを行いながら、

2016年にリラクゼーションサロン「Kanon」の立ち上げサポート。

2017年には音楽フェス「音学収穫祭」を立ち上げ、約半年で1000人規模の音楽フェスを成功させた。

現在は活動のエリアを愛知だけでなく岐阜、三重、長野の東海地方まで広げ、個人だけでなく、ご家庭、飲食店、事業主までファイナンシャルプランナーとしてアドバイスを行なっている。

夢は「何があっても揺るがない大切な人と心豊かな安定した暮らしと人生を送ること」。

独立して2年となる2017年に夢に必要不可欠な山を購入。

40歳からは自給自足に根ざした何があっても生活には困らない基盤を作った上で、心豊かに生活する予定。
モットーは「共存共栄」。一生お付き合いできる人との出会いを待っています^^

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください