WordPress完全収益化マニュアル(全168ページ)とLINE@フルサポート講座動画全22本をもらってくれえ!

個人事業主がブログを始めるためのマスト記事とSEO対策

いつもありがとうございます、堤です。

▼僕のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください(^^)

TAKEHIROTSUTSUMI

堤 建拓ってどんな人?名古屋のSNS・WEBマーケッター

2018年7月3日

いつもありがとうございます、最近2か月半ぶりに髪を切りに行けて、気分爽快の堤です。

髪を短くするとより一層、見た目年齢が老けてみえます。別段、面白いネタも思い浮かばないので、さっそく本題へと入ります。

今日はブログのお話。ブログは持つとええよーっていうのはなんとなく聞いたことあるとは思うのですが、その理由を明らかにしていきましょ。なるべくわかりやすく簡易的に書いていきましょ。

私もブログ持っているけれど、もっと活用したい!と言う人をこぞってチェケラ!!!

2つのブログの書き方

まず、これは個人的な観点ですが、ブログには大きく分けて2つ書き方があると思っています。

・「日記型」

・「コンテンツ型」

です。

日記型ブログとは?

日記型というのは、ざっくり言うと、

堤です。おなかすいたーファミチキ食べよ。美味しかったー。ちゃんちゃん。

みたいなブログです。

その日に起こった出来事を書いたり、自分のちょっとした考え方を記述したりするのもこの類です。僕の友達のブログの9割くらいはこの類に入るかもしれません。

コンテンツブログとは?

それに対して、コンテンツブログとは何でしょうか。

実際このマーケリンクのブログは、コンテンツブログとして書いています。何か1つ、特化したテーマがあり、それに関して、見た人が「おっ!」と思うようなブログです。例えば、「個人事業主がセミナービジネスで月商100万円売り上げる」のようにタイトルで、その記事を見ていけば、そのノウハウがわかるブログのことです。通例、結構な分量で書かれており、僕はだいたい1記事3,000文字目安以上で書いています。

ブログを持っている皆さんはどちらに近い形で記事を書いているか一度、俯瞰してみてください。

ビジネスにするならコンテンツブログ?

ブログを本当に趣味のようにするのであれば日記型ブログで十分かもしれません。ただし堤のように知名度もなく、友達の数もありんこくらいにしかいない状態だとどうでしょう?日記型ブログを始めても、読んでくれるのはせいぜい身の回りの数少ない友達か、時間が経つと、その友達さえも読んでくれなくなる可能性があります。どれだけ記事が読まれているかアクセス解析をすると、1日のページビューが「3」とかで、思ったより見られていなく、つらくなり、しまいには見てくれている人いないし、もーやめよっか。となります。

対してコンテンツ型ブログは、1記事1記事の内容が充実しているので、ざっくり言って、日記型コンテンツよりも以下のようなメリットがあります。

・1記事が充実していて面白いのでリピーター増える(→SEO対策)

・1記事が長いので、サイトの滞在時間が長くなる(→SEO対策)

・記事内リンクで、サイトの回遊率が上がる(→SEO対策)

つまり。ひらたく言うと、全部SEO対策なんです。

日記型ブログに比べて、SEO対策がなされ、GoogleやYahooで検索した時に上位にあがってきやすいです。

1番のSEO対策は、ユーザーにとって有用な充実した記事を書くことです。

自分のビジネスを知らない人にもたくさんリーチさせたい場合は絶対コンテンツブログを充実させるべきです。

そもそもブログは何を使えばいいの?

世の中にはアメブロやはてなブログなど無料で使える「無料ブログ」と、WordPressという基本的には有料になるツールを使った2つの手法があります。

ブログ

めちゃめちゃざっくり言うと、アメブロやはてなブログは、他の人の土地を貸してもらって、そこで自分のお店を運営している状態。つまり、その土地の所有者のルールに従い、万が一、そのルールに反してしまうと、今まで作り上げてきたお店をたたまなければいけない…なんてこともあります。今まで投稿してきたブログたちが一瞬にして消えてしまう可能性があります。

また、ビジネスツールとして使うのならば、1番肝心な場所に広告が入っていたりします。自由に広告をカスタマイズできず、自分の売りたい商品を売れない…なんてことも。いろいろしがらみがあります。

▼このあたりの詳しい話はこちらの関連記事で書いています。

無料ブログではなくWordPressのほうがいい5つの理由

2018年6月8日

だから言えるのは、無料には無料の理由があります、ということ。

WordPressブログはルールの縛りはなし

それに反してWordPressは自分の土地でお店を運営していくようなものなので、基本的にルールに縛られることはありません。自分のしたいようにブログをカスタマイズできるので、自由度は高いです。その分、1からブログ構築しなければならず始めやすさで言えば、無料ブログのほうが圧倒的に始めやすく、ハードルは低いです。

 

でも敢えていいます。

 

大学生時代、プログラミング系のゼミで、全くできず、ゼミ一お荷物だった堤が、パソコン教室に通い始めるも3か月で完全挫折した堤が、カナダ留学時代、外国人の女の子に告白して見事完全玉砕した堤が(やかましいわ)、

このサイト、たった4時間で基本の型を作っています。僕のWordPressのクライアントさんも動画を見ただけで、作れています。正直、サイトの型ができれば、あとは記事をどんどん書いていくだけ。記事の質が良ければ閲覧数は上がります。Googleから回ってくるロボットがそれを感知して、検索上位にあげてくれるんですね。すごい世の中や。

 

全てのSNSやツールをブログにつなげよーよ、って話。

Facebook、LINE@、Instagram、メルマガ、YouTube、アメブロ、Twitter、ジモティ…今現在、僕がよく使うSNSをざっとあげてみただけでも、これだけあります。それらを単独で使っていくのでなく、全てこのWordPressのコンテンツブログを見てもらえるように親和性を高めていくことが大切です。

例えば、LINE@はただ単にお友達を集めて人数を増やして配信を繰り返す…だけではなく、適切にブログへ呼び込んで、きちんと皆さまのファンになっていただくツールとして使う。下図のように全てのツールからWordPressブログへと繋がるように工夫を凝らしてください。僕がどのような工夫をしているかはまた別記事で書きたいと思います。(手書き感www)

そうするとSNSからの流入も多くなり、結果的によく読まれるブログとしてGoogleサイドに認知され、早く検索上位にあがってくることもあります。

辛抱強く、継続した人が勝つ

結局、どのくらいの記事を書いてどのくらいしたら検索数が劇的にアップするのですか?と疑問に思う方もいるかと思います。人それぞれケースバイケースなのを踏まえたうえで、ざっくりこれが目標っていうのをお話しすると、

・まずは月間10,000PV(1日平均333PV)を目指す

・記事数は100以上(毎日書けば期間としては約3か月)

・1記事は3,000文字目安

2日に1記事ペースで書いていったら、200日、つまり約半年で結果は出始めますし、1日に1記事ペースで書いていければ、100日、つまり3か月とちょっとで結果は出始めます。

※僕自身は100記事を達成したのが、ブログ開設してからちょうど半年後!検索からの流入が増え始めたのは、記事を書き始めてから4か月後くらい(記事数は50~60でした)。

※ちなみに世の中にあるブログのうち、1日に300PV以上見られているブログは全体の約5.5%という調査結果も出ています。

この時代だからこそ言える本質

SNSやWEBツールが発達したこの時代。SNSやWEBツールが全くなかった一昔前。今も昔もビジネスの基本は「口コミ」だと僕は考えています。でもSNSやWEBツールが発達したこの時代に、上手にそれらを使いこなすことで、その口コミが10倍にも100倍にも拡散する力を持っています。

SNSでどういうふうにしたら、自分のビジネスが知れ渡るか、広告の勉強など戦術を知ることも確かに大事ですが、その根本にあるのは、「お客様への愛」だったり、「相手本位」のビジネスだったりします。特に僕のような個人事業主は、「堤だからこそ英会話を教えてもらいたい」とか「堤に学びたい」と思ってもらえて初めて、その上にSNSでの拡散があります。自分本位にビジネスを進めていく人×SNSは全く持って効力を発揮しません。

ということで、WordPressによるコンテンツブログを始めてみたくなった人はこちらの記事も参考になるので、ぜひシュワッチしてみてね。

WordPress初心者でもサーバーとドメインを30分で取得する方法

2018年3月18日

おあとがよろしいようで。

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

LINE公式アカウントの専門家である、

堤の最新書籍が2019年7月25日(木)発売!

LINE公式アカウント 本 堤建拓

ただいま出版記念キャンペーン実施中!

超豪華特典が抽選で当たる!早期購入キャンペーンはこちらから!

本書の特徴

① パソコン・SNSが苦手でも安心!動画によるわかりやすい解説付き!

② 日本初!LINE公式アカウント解説本第1号!

③ WEBマーケティングのプロが教える!具体的な集客・収益化事例つき!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください