Googleサーチコンソールの始め方とその見方

Googleサーチコンソール何それ?っていうブログ運営者は100%損をしている!

いつもありがとうございます、堤です。僕の定期開催している個人事業主向けのSNSブランディングセミナーで次の質問をしています。

「ご自身でブログを書いている方はどのくらいいますか?」

そうすると約8割くらいの人の手があがります。

では次の質問です。

「ではGoogleサーチコンソールという解析ツールをご存知の方?」

という質問をすると、多くても手があがる人は半分にもなりません。

さらに、

「Googleサーチコンソールを実際に入れている方?」

の質問になるとだいたい1割くらいです。

今日は最初に言います。ブログをやっているのにアクセス数があがらなくて困っている人は今すぐGoogleサーチコンソールを入れてください。もちろん僕のブログで紹介しているくらいなので無料のツールです。個人事業主レベルでも簡単に分析することができます。

あんりごん
私もたけちゃんにGoogleサーチコンソール入れてもらって分析したらかなりアクセス数が改善されたよ!

それではGoogleサーチコンソールを入れるとどんなメリットがあるのか、簡単に解説していきたいと思います。

Googleサーチコンソールを入れるメリット

Googleサーチコンソールを入れると色々とできることは増えるのですが、ブログ運営者にとって1番のメリットは、「どんなワードで検索されたのか」がわかることです。例えば、僕がよく導入をおすすめしているGoogleアナリティクスは「どれだけの数の検索があったか」がわかりますが、どんなキーワードで検索されたかがわかりません。数は調べられても、どんなキーワードがユーザーにヒットしているのかがわからなかったら、対策の仕様がありません。ですからアナリティクスとサーチコンソールをセットで入れることが1番ベストです。

あんりごん
Googleアナリティクスだけでも不十分なのね。

Googleサーチコンソールの始め方をわかりやすく動画で解説

▼それではGoogleサーチコンソールを動画を見ながら一緒にいれていきましょう。(WordPress対象です)

注意:Googleアナリティクスとサーチコンソールはブログ運営するうえで両方入っていることが大前提です。まだアナリティクスを入れていない方は先にこちらの関連記事を見ながら入れてください。(アナリティクスを入れていない状態でサーチコンソールを動画と同じ手順で入れようとしてもうまくいきません)

初心者でもわかる!ブログ運営者は絶対に入れたほうが良いGoogleアナリティクス

2018.02.04

▼引き続きサーチコンソールの導入を動画を見て進めていきましょう。ここでは何をやっているかまだ皆さんは知らなくても大丈夫なのでとりあえず作業として進めてください。

▼こちらの動画では、自分だけではなく他人がサーチコンソールの分析をできるように設定する手順についても説明しています。蛇足ですが、僕がブログのアクセスアップのコンサルティングをする時も、この手順で僕もデータを閲覧できるようにさせてもらっています。

▼そして最後の導入動画です。こちらでも何をやっているのかわからないかと思いますが、とりあえず作業として進めてください。ここまで終われば完了です。

あんりごん
難しそうだけど、動画を見て同じことをやればいいだけだから安心だね。
たけちゃんまん
あんりごん、さすが!ゆうてることがそれっぽくなってきたねえ。
あんりごん
でしょ、もはやたけちゃんいらないからあんりのマーケリンクにしてもいいね。
たけちゃんまん
うそやんwww

そしてこちらを導入した後はサーチコンソールで見られる項目を4つ解説します。ここが見られるようになることがめちゃめちゃ大切です。

クリック数

これは文字通り、そのキーワードで自分のサイトやブログがクリックされた回数です。これを見ることによってどんなキーワードで何回クリックされているかがわかります。例えば図の例でいくと「Facebook イベント 集客」というキーワードで5回クリックされていることがわかりますね。

たけちゃんまん
こんなキーワードでこんなにもクリックされているんだ!という驚くことが結構あると思う!

表示回数

これはそのキーワードで検索して、自分のサイトが表示された回数です。裏を返して言えば、サイトが表示されたけれど、実際にクリックはされなかった回数もわかります。単純に【表示回数―クリック数】がその数ですね。

例えば、先の「Facebook イベント 集客」では23回表示されて、5回クリック、つまり18回はクリックされなかった計算になります。

CTR

これは表示された中で実際にクリックされた割合のことです。単純に10人表示してくれてそのうち3人がクリックしてくれたら30.0%ということになります。先の例では、5÷23 = 21.74%であることがわかります。

掲載順位

最後に掲載順位です。これはそのキーワードで検索した時に、上から何番目に自分のサイトの記事が表示されるかがわかります。掲載順位が5.0となっていますので、「Facebook イベント 集客」ではこのキーワードで検索すると僕のサイトの記事がだいたい1ページ目の上から5番目に出てくるという意味になります。

ここまで字面で説明してきましたが、こちらの動画でも同じことを解説していますので、もっとわかりやすく聞きたい!という方はこちらの動画を参考にしてください。(こちらは僕の英会話スクールの旧サイトのデータで解説しています。)

あんりごん
導入方法と使い方がわかったらあとは実際に分析していくことが必要だけど、どんなふうに分析していったらいいかはまた別記事かな?
たけちゃんまん
そうだね。次回以降の記事で具体的な分析方法とあとはあんりごんのサイトを使ってコンサルしてあげるね。

Googleサーチコンソール注意点

Googleサーチコンソールは実際に導入してから3日間しないとデータとして上がってきません。そしてデータは長期間あればあるほど、詳細な分析ができますので、まだ導入していない方は1秒でも早く入れてください。またサイトを立ち上げたばかりの時は、どうしても検索からの流入は少なくなりますから、短期間での分析は難しいです。最低でも1か月は導入してから見ておいたほうが良いと思います。

たけちゃんまん
それではここまで見た方は次の記事でサーチコンソールの具体的な分析と運用方法をお伝えするから、実際に自分のブログやサイトのアクセス数を上げるヒントにしてみてね。
あんりごん
わあ。なんかサーチコンソール使ったら本当にアクセス数上がりそうな気がするね。

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

LINE@お友達追加で、
LINE@の全てがわかる全22本の
フルサポート動画プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です