悲報!paymo bizが5月29日から決済手数料請求開始

いつもありがとうございます、今回は残念ながらの情報を皆さまにお伝えしなければなりません。

あんりごん
たけちゃんがフラれたってこと?
たけちゃんまん
あんりごん、全然違うし、そもそも僕、彼女いないし。

先日の記事でご紹介した個人事業主が使うのにとても便利な集金ツール「paymo」から悲報です。

▼個人事業主にとって超便利な集金ツールpaymoについて詳細を知りたい方はこちらの記事

決済手数料ゼロ!個人事業主にぴったりの集金ツール paymoの使い方

2018.04.11

かれこれ1年以上、決済手数料0円でとても使い勝手がよいため、愛用してきたpaymoでしたが、先日僕のもとにこんなメールが。

****
重要なお知らせのため、ペイモビズに登録されているすべてのお客様にお送りしております。
*****

平素よりご利用いただき、ありがとうございます。
ペイモビズ運営事務局でございます。

ペイモビズでは、より使いやすいサービスを提供するため、2018年5月29日より販売者の方を対象に新プランを導入いたします。

あんりごん
新プラン?

そして続きはこちら。

■新プランの概要
ペイモビズにて販売を行っているお客様、これから販売を行うお客様はご利用プランを選択いただきます。
プランに応じて、無料枠や決済手数料が発生いたします。

■新プランの種類
<スタンダード>
決済手数料2.95%でご利用いただけるプランです。
毎月一定の売上がある販売者の方は、お得な手数料率でご利用いただけます。
<ライト>
販売額5万円までの決済手数料を無料*でご利用いただけるプランです。
少額の集金や一時的な販売に利用したい販売者の方は、無料枠分をお得にご利用いただけます。
無料枠超過後の決済手数料は5%となります。
*30日毎に無料枠がリセットされます。

…(中略)…

※新プラン導入にあたり、手数料無料キャンペーンは2018年5月28日をもって終了いたします。

あんりごん
えー、つまり、手数料無料が終了なんだ…。
たけちゃんまん
残念ながらそうみたい。ただそうとは言ってもまだまだpaymoを使うメリットはあるから一緒にじっくり見ていこう。

少額決済、起業したての方にはなおpaymoが有利

販売額5万円まで決済手数料が無料で5万円以上売り上げた場合は超過分の5%が決済手数料になります。一方、決済手数料が一律の2.95%であるスタンダードプランもありますが、結局いくらぐらい決済の可能性があればスタンダートプランのほうが有利になるかを算出したいと思います。

〈決済手数料が5万円の場合〉

スタンダートプラン…5万円×2.95% = 1,475円

ライトプラン…0円

当然この場合はライトプランのほうがお得ですね。

 

〈決済手数料が10万円の場合〉

スタンダードプラン…10万円×2.95% = 2,950円

ライトプラン…無料料過分5万円×5% = 2,500円

この場合でもまだライトプランのほうが有利ですが、ほとんど変わらなくなってきました。

 

〈決済手数料が12万円の場合〉

スタンダードプラン…12万円×2.95% = 3,540円

ライトプラン…無料超過分7万円×5% = 3,500円

ここでほぼ同額です。

じゃあ結局いくら以上の場合、スタンダードプランにしたらいいかは、以下の方程式を解けば大丈夫ですね。

スタンダートプランとライトプランの手数料がx円の時に同じだとすると、次の方程式が成り立つ。

0.0295x = 0.05(x-50000)
295x = 500(x-50000)
205x = 25000000

(以下続く…)

あんりごん
たけちゃんの理系オタク的な方程式はいいから早く答え教えてよ!
たけちゃんまん
ごめん。笑

結局、この答えを解くとx = 121951.22…となって、12万1,951円以上決済が発生しそうな場合は、スタンダートプランのほうが良いという結論になります。

あんりごん
そっかあ、じゃあ基本的には振込対応してもらってどうしてもの時だけクレカ対応でpaymoもありかなあ…5万円以内に抑えてライトプランだったらいいかなあ。
たけちゃんまん
まあ色々と考え方はあるね。自分のビジネスにあわせてそこは考えてね。

ちなみにプラン変更はいつでもできますが、プランを1度変更した場合、30日間は変更できないとのことです。

それでは他社サービスも含めて改めてpaymoのメリット・デメリットを掲載しておきます。

paymoのメリット

・決済手数料が発生するとはいえ、他のサービスと比べてもまだ安い

(例えばpaypalの場合、30万円以下の場合、1件ごとに3.6%+40円の決済手数料)

・決済が簡単、商品作成も簡単なので、売り手も買い手も便利

paymoのデメリット

・クレカ決済がVISAとMasterCardにしか対応していない

たけちゃんまん
僕が1年以上使ってきてpaymoのデメリットをあげるとしたらクレジットカード決済が2社しか対応していない点くらいかな。

30日間お試し無料期間あり

ここまで読んでpaymoを使ってみたいと思った方は今なら初回に限り、30日間決済手数料無料キャンペーンもやっているようです。また、引き続き決済が5万円以下の場合は手数料無料なので使わない手はないですね。paymoの具体的な始め方は別記事にあがっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

決済手数料ゼロ!個人事業主にぴったりの集金ツール paymoの使い方

2018.04.11

 

▼MARKELINKのLINE@もぜひお友達になってくださいね(^^)

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

MARELINKのLINE@もお友達になってくれると嬉しいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください