初心者は絶対に見ないで!リストへの登録を効果的にする6つの手法

いつもありがとうございます、絶賛糖質制限中でなんとなく顔がシュッとしてきたかもしない堤です。今、パーソナルトレーナーの方についてもらって食事制限&筋トレをしていますが、1週間で体重が1キロ減りました。

あんりごん
たけちゃん、最近しぼんできたもんね。
たけちゃんまん
何その、マイナス表現。笑

今回は少し応用編の話になりますが、「リストへの登録を効果的にするには?」というテーマで書いていきたいと思います。

たけちゃんまん
少し難しい話になるんだけれど、初心者の方は記事を見てもらうだけでもかなり有益な情報になるのでぜひ!

ところで「リスト」って?

いわゆる自社の商品やサービスを購入してくれるかもしれない方の個人情報のことを言います。例えば、そういう方のメールアドレスを持っていたら、そこにセミナー情報や最新サービスの案内をしていったら、もしかしたら購入してくれるってことがありそうですね。同じような類としてLINE@のお友達に追加してもらうことや、住所なんかもリストとしてもっておけば、DM(ダイレクトメール)なんかも送付することができます。

リストをたくさん保持する=たくさん商品案内ができる⇒自社商品を購入してもらえる可能性が高まる

という構図になります。仮に10人しかメルマガ読者がいないのと、1,000人いるのとでは後者のほうが明らかに購入数は多そうです。

リスト活用の基本

個人事業主から大企業に至るまでその多くは基本的にいかに多くのメルマガ読者(最近ではLINE@も多くなってきましたね)を集めるかが鍵となってきます。大企業はそれなりに広告費がありますから、こうしたメルマガ読者を集めるために資金を投入できます。がしかし、個人事業主をはじめ、それほど広告費をかけられない事業者に関しては、いかに効率よくメルマガ読者を集めるかが大切になってきます。今回の記事では、誰でも簡単に改善できる「リストを効率的に集める方法」を自社サイトに焦点を当てて見ていきましょう。

リストを効率的に集める方法①

目立つ位置にリスト登録案内を設置する

例えば僕のマーケリンクの例でいくと、写真のようにトップページだけでも3か所、リスト登録案内を表示しています。1つ目がこちら。もろトップのトップですね。ボタンの形にしておくことで、より押したくなる感覚を促進しています。笑

トップの部分はサイトに訪れてくれた人は100%見てくれますから必然的に登録率が高まります。逆に言うと、サイトの下に行けば下にいくほど、そもそもそこまでスクロールして読んでくれない可能性もありますから、リスト登録率は下がってしまいます。

そして2つ目がこちら。パソコンで見るとこちらのサイドバーの位置です。このサイドバーの位置は一般的に広告のクリック率がよいと言われていますので、僕も設置しています。

最後に3つ目。こちらはサイトの下部に設置しています。いわゆるCTA(コール・トゥ・アクション)というものです。トップページだけではなく、どの記事にも、このようにLINE@への登録案内が出るように設定しています。CTAの設置メリットとして、記事の1番最後に案内が出る=最後まで記事を読んでくれた優良読者と位置付けることもできます。

このように見て、いつでもどこでもわかりやすく登録促進案内を設置することが大切です。僕たちは1か所設置すれば十分だと思いがちですが、ユーザーにとってはある種、しつこいくらいにアピールしないと気づいてくれないかもしれません。

リストを効率的に集める方法②

その記事に関連するプレゼントをオファーする

これはLINE@をリストにした場合に非常に有効な方法です。例えば、トップページではLINE@に登録すると「LINE@フルサポート動画全22本」がプレゼントされるように設定していますが、こちらの関連記事では、ペライチのことについて書いている記事です。

ペライチ活用法!初心者上等ペライチでできるオシャレなサイトが本当にすごい件

2018.02.07

1番最後まで読み進めてもらうと、ペライチに関する、無料プレゼントオファーがされています。

つまり、ペライチの記事を読んでくれた人はペライチに関して興味があるわけですから、ペライチに関するものをプレゼントに設定しておけば、LINE@の登録率は上がりそうですね。ペライチの記事を読んでくれた人がLINE@のプレゼントが欲しいかというとそれはイコールではありません。

たけちゃんまん
僕のように1つのテーマで書いておらず、複数のSNSやWebツールを扱っている場合は、その記事に特化したプレゼントを記事ごとにあげるようにすると登録率も上がるね!僕も実はプレゼントの種類だけで5種類以上ある。笑
たけちゃんまん
気になる方は僕の全記事を見てもらうと、全プレゼントがもらえると思うので、チェックしてみてね!
あんりごん
なんか宝さがしみたいになっているね。笑

なお、記事ごとにプレゼントを変える場合は、LINE@の「キーワード応答メッセージ」を設定する必要があります。設定の仕方は別記事をご覧頂けるとわかると思います。

LINE@の応答モード!あなたの応答モード設定大丈夫ですか?

2018.05.28

リストを効率的に集める方法③

セリングページでがっつりリスト登録促進する

以前の記事で記事の種類には大きく分けて2種類あることを紹介しました。1つはコンテンツページ。これはユーザーに満足してもらえるような有益な記事。もう1つはセリングページです。こちらは商品の案内だったり、何かこちらが意図して売りたいものをがっつり売るページです。例えば、マーケリンクで言うと、こちらのオンラインサロンの紹介がそれにあたります。

SNS発信・WordPressが学べるオンラインサロンのご案内

2018.04.25

LINE@に登録してほしいとするなら、例えば純粋に「マーケリンクのLINE@に登録するとこんなにいいことがあるよ!」という記事を書いてみても面白いかもしれません。

リストを効率的に集める方法④

アクセス解析を有効活用する―GA編―

皆さんは今、ご自身の記事で1番検索が多い記事がどれだかわかっていますか?僕は少なくとも上位5つくらいまでは言えます。例えば、こちらのLINE@の抽選ページについて書いた記事は2018年6月現在で1日に40人以上新規ユーザーが訪問する記事です。

LINE@の抽選ページをやっていない人は人生を損をしていることがわかってしまう記事

2018.04.12

ということは、それだけ新規でLINE@リスト登録をしてくれる可能性があるわけです。さらに、ということは…?

この記事に多く人が集まるのならば、リライトしてリスト登録してくれるような仕組みにすればよい!です。

※GAでは「集客」→「概要」→「Organic Search」→「ランディングページ」で検索から流入の多い記事を多い順に閲覧することができます。

この記事なんですが、検索流入がとても多いので、当初はただLINE@の抽選ページについて書かれた1記事に過ぎなかったのですが、2か月ほど前にリライトを行いました。つまり、LINE@の登録してくれるように、そもそも登録案内表示を記事のド頭にしてみたんです。

このように、登録を促すセリングページを作ることもよいのですが、そもそも検索流入が多い記事やたくさん読まれる記事を半セリングページにリライトすることも効果的です。

リストを効率的に集める方法⑤

A/Bテストをする

結局、リストを効率的に集めるためには効果と検証の繰り返しやと思います。例えば、僕のトップページのLINE@の登録を促すボタンですが、現在は「LINE@からプレゼントをもらう」の表示になっています。ところがこれを「プレゼント動画全12本をゲットする!」に変えたら登録数は増えるでしょうか?減るでしょうか?

こればっかりは僕も正直わかりません。笑 だからある一定期間、他の条件を変えずにこの表示だけを変えてどちらが効果がより出るのか検証するということをA/Bテストと言います。効果が出たほうを採用していけばいいだけの話ですので、非常に単純な話です。

リストを効率的に集める方法⑥

アクセス解析を有効活用する―Ptengine編―

A/Bテストの解析をするときなどに非常に便利なのですが、Ptengineというツールを使うと、どの部分が多くクリックされているのか視覚化して見ることができます。もちろんGAを使ってもクリック数やクリック率(いわゆるコンバージョン)は測定できるのですが、このPtengineはサーモグラフィーのように多く見られている部分はその分、赤くなりますし、逆に見られていない部分は青くなります。可視化ができるわけです。

こちらを有効活用してみることは大いにアリだと思いますので、詳しくはこちらの具体的な使い方を記したページをご覧ください。

Ptengineの凄すぎるヒートマップ。あなたのページは全く読まれていない!

2018.02.22
あんりごん
今回は難しい話でついていけなかった~泣
たけちゃんまん
だから冒頭に初心者は絶対に見ないでください!と書いたんだよ笑
あんりごん
熱湯風呂と一緒で「押すなよ!押すなよ!」ではないけれど、「見るな!」と言われると「見たくなっちゃうんだよね。笑」
たけちゃんまん
ダチョウ倶楽部理論と名付けよう。笑

本日のまとめ

リストを効率的に集める方法には、

 

・目立つ位置にリスト登録案内を設置する

・その記事に関連するプレゼントをオファーする

・セリングページでがっつりリスト登録促進する

・GAによるアクセス解析を有効活用する

・A/Bテストをする

・Ptengineによるアクセス解析を有効活用する

 

この他にも方法としては数えきれないくらいパターンはありますが、まずはこの6つを意識してみてください!

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください