WordPressからLINE@に登録している人数を知りたい!クッションページで分析しよう

WordPressからLINE@に登録している人数を知りたい!クッションページで分析しよう

いつもありがとうございます、堤です。
▼僕のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください(^^)

TAKEHIROTSUTSUMI

堤 建拓ってどんな人?名古屋のSNS・WEBマーケッター

2018年7月3日

LINE@のお友達登録を増やしたくて、、自分のサイトやブログに「LINE@登録はこちら」と紹介しているけれど、サイトやブログから登録してくれてる人ってどのくらいいるの?と思う方もいるかと思います。

RENA嬢
たけちゃんも、このブログに貼っているこんな感じのやつのことだね!
CTA
たけちゃんまん
実際、毎日登録数は増えているけれど、ブログからどのくらいの数が増えているか気になるよね。登録先はブログだけとは限らないから!

今回の記事では、この「LINE@登録はこちら」(※ここでは「ここからプレゼントをもらう」)を押している人数をGoogleアナリティクスで分析をできるようにしていきます。
Googleアナリティクスについては下記の記事をご覧ください。

Googleアナリティクス

初心者でもわかる!ブログ運営者は絶対に入れたほうが良いGoogleアナリティクス

2018年2月4日

そのままでは分析できない・・・

LINE@を使っている方はご存知かと思いますが、登録誘導ボタンを押すとパソコンではQRコードが表示されて読み取るかたちです。


そのページのURLを目標設定にしてもいいのですが、それではスマホでの登録をカウントできないのです。なぜなら、スマホでボタンをタップすると、LINEアプリに移動してしまいます。

『クッションページ』を作成してカウントできるようにする

これを解決するためには「クッションページ」と呼ばれるページを作成します。あいだにクッションページを挟むことで、PCでもスマホでも一旦そちらのページにアクセスするのでカウントが可能になります。

自動的にページを移動(リダイレクト)するプラグイン「Delay Redirect」

「LINE@はこちら」などのボタンをクリック・タップして、クッションページを開いたあとに自動的に画面が切り替わるようにしておきます。閲覧者がそこで操作が分からなくならないようにしておきましょう。
まず、プラグインの新規追加をクリックします。

右上の検索欄に「Delay Redirect」と入力する。

少し下にありますがこの画像のアイコンと同じものを探してください。

「今すぐインストール」をクリックし、少し待ってから「有効化」をクリックします。プラグインの設定は必要ないので、クッションページの作成にうつりましょう。

クッションページの作成

クッションページの作成自体は簡単です。固定ページの新規追加からページを用意しましょう。

文章はこのような感じでよろしいかと思います。画像内に「自動的にLINE@の登録ページに移りますのでお待ちください。」と記述しておきます。また、もし自動的にLINE@登録のページに移動しなかったときのために、「画面が切り替わらない場合はこちらをクリックしてください」としておきましょう。

Delay Redirectの設定をする。

Delay Redirectを有効化してあると、固定ページの投稿の右には上記の画像のように表示されます。ここで、この固定ページを開いたときに「どこのURLに移動するか」と「何秒後に移動するか」を設定できます。下の欄には最小の値の「1」秒を入力しておきましょう。上の欄の「Redirect me to」のところにはURLを入力しなければならないのですが、短縮URLを作成して入力します。

「Bitly」でLINE@の登録ページの短縮URLを作成する

Bitly(公式サイト)で短縮URLを作成できます。公式サイトにアクセスします。

入力欄に、あなたのLINE@の招待URL(例:line.me/R/ti/p/@znm2558i)を入力して「SHORTEN」をクリックします。すぐ下にでるオレンジ色のURLが短縮後のURLです。「COPY」を押すとコピーされます。固定ページの編集画面にもどり、URLのところに右クリックして貼り付けましょう。

最後に「公開」をクリックすることで固定ページができました。このページのパーマリンクを、LINE@への登録を促すページの全てに使っていくことで、まずは集計の下準備ができました。

なぜ短縮URLを作成しないといけないの?

インターネットで使われるアドレスには、「そのまま使うことができる文字」と「そのままでは使うことができない文字」があります。LINE@の登録に使用するアドレスのなかで「@(アットマーク)」は本来使うことができない文字にあたります。その為、ブラウザでは自動的に「%40」というコードに変換されます。しかし、Delay Redirectはこの変換がうまく行われません(「@」が抜けたアドレスになるので、友達追加ができません)。その対策として短縮URLを作成して「@(アットマーク)」がないURLを作りました。(また、他のプラグインでも同様に「@」が抜けたアドレスになってしまうので、短縮URLを作成する手順は必ず行ってください)

RENA嬢
へえ~知らなかったよ!勉強になる。

クッションページを作成したあとは

クッションページを作成したあとは、Delay Redirectの移動設定は必要ないので、表示オプションから消しておきましょう。投稿・固定ページの編集画面の右上にある「表示オプション」をクリックし、表示される「Delay Redirect」のチェックボックスを外すことで非表示になります。

コンバージョンの設定

それでは、このURLにアクセスした人数を分析していきます。Googleアナリティクスを開きます。左下にある管理をクリックします。

右の列の「目標」をクリックします。

左上の「+新しい目標」という赤いボタンをクリックします。

①目標設定はカスタムにチェックして「次へ」を押します。

②目標の説明では、区別しやすい名前を入力し、タイプは「到達ページ」にします。

最後に③目標の詳細で、URLには作成した固定ページのアドレスを「到達ページ」のURLに設定し、「保存」をクリックします。

設定が完了しました。

ここまでで分析の設定が完了しました。実際に計測されているものはコンバージョン→目標から確認することができます。

たけちゃんまん
以上、少し手間に感じるけれど、やっていることは非常にシンプル!
RENA嬢
LINE@前にクッションページをつけて、それをアナリティクスで読み取ればいいのね!やってみる~
たけちゃんまん
これで1日にどのくらいの人が、WEBからLINE@を登録してくれたかが、わかるね(^^) 蛇足だけれども、LINE@はWEB以外にも、リアルで登録されたりするケースもあるから、例えば、名刺にLINE@登録のQRコードを付けている人は、それ専用のクッションページに飛ぶようにしておけば、名刺からLINE@登録された数もわかっちゃう!
RENA嬢
めちゃめちゃ便利!WEB・名刺・その他いろいろな登録ケースを考えて、全てにクッションページつけてみることが大切ね!
たけちゃんまん
そうそう。そしてどこから経由の登録が多いか、目で見て分析することで、もっともっと登録率を上げていくなど、対策が打てるよ!
RENA嬢
うん、今日も勉強になりました!

皆さんも、サイトやブログからのLINE@登録数を知りたい時は、ぜひ導入してみてくださいね!

WordPressからLINE@に登録している人数を知りたい!クッションページで分析しよう

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

LINE公式アカウントの専門家である、

堤の最新書籍が2019年7月25日(木)発売!

LINE公式アカウント 本 堤建拓

ただいま出版記念キャンペーン実施中!

超豪華特典が抽選で当たる!早期購入キャンペーンはこちらから!

本書の特徴

① パソコン・SNSが苦手でも安心!動画によるわかりやすい解説付き!

② 日本初!LINE公式アカウント解説本第1号!

③ WEBマーケティングのプロが教える!具体的な集客・収益化事例つき!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください