最新セミナーはこちらからチェケラ

LINE@ショップカード作成方法とビジネスに活かす考察

いつもありがとうございます、Tポイントを3万円分貯めたことがあり、それを全部マイダーツと交換したことのある、究極の無駄遣いをする堤です。昔からポイントを貯める才能だけはあり、あらゆる手を使ってTポイントを貯めようと努力した結果、念願のマイダーツを手に入れました。ダーツがお好きな方はぜひ堤と競ってください。

「ダーツ」の画像検索結果

さて、ポイントカードの話題を出したのも、実はLINE@でもポイントカードが作れるからです。LINE@内では「ショップカード」と呼ばれています。本日はこのショップカードの作り方をあんりごんと一緒にチェケラしていきまひょ。


本日はLINE@のショップカードの使い方を考察!まだマーケリンクのLINE@に登録していない方は登録すると使い方の勉強にもなります!今なら登録したその場でLINE@フルサポート動画全22本プレゼント実施中!


まだLINE@アカウントを作っていない方は超基本のLINE@アカウント開設方法をご覧くだされぃ!

あんりごん
たけちゃんまんはショップカードを自分のビジネスに活かすとしたら、どう活かす?
たけちゃんまん
うーん、色々な方法があるから、それはショップカードの作成方法が分かった後、考察してみようか!

それではまずはショップカードの作り方を一緒に学んでいきましょう。ヒア、ウィ、ゴッツ

ショップカードの基本的な作り方

▼ショップカードの作り方はコチラから

たけちゃんまん
今までは紙でしか作れなかったお店のポイントカードも全部、無料で作れちゃう。これって本当に画期的だと思わない?
あんりごん
そうだよね、しかも動画で見たように自由にカスタマイズできるなんて素敵!

ランクアップカードの作成方法

1枚目のポイントカードが全部たまったら、お客様は商品と交換しますね。そして1枚目がたまった後、2枚目のポイントカードに移行する時に、さらに素敵な商品がプレゼントされたり、お得にサービスが受けられたりしたら、素敵ですよね。それがLINE@のショップカードではいとも簡単にできてしまうんです。これを「ランクアップカード」と言います。動画内ではランクアップカードの作成方法について解説しています。

▼ランクアップカードの作成方法

ちなみに、最近あんりごんから呼ばれる名前が「たけごん」→「ごんごん」という呼び名にランクアップしました。(誰得情報)

ポイント付与QRコード

そもそも紙媒体でないポイントカードにどうやってポイントを押すのか?と疑問に思われる方もいるんじゃなかろうかと思います。実はLINE@の中にあなたのショップだけのポイントが付与できるQRコードが既に生成されています。そのQRコードを出力することによって、お店やイベントに来たお客様がQRコードを読み取り、ポイントが付与される仕組みです。今回はそのポイントが付与されるQRコードの生成方法を動画で解説しています。

▼ポイント付与QRコードに関してはコチラ

あんりごん
こんなものまでLINE@の中には用意されているんだね!便利!

そしてさらに下の動画では、ポイントがいつ何ポイント付与されたかなど、統計データも見ることができることを解説しています。

▼ポイント付与履歴・統計管理はコチラ

たけちゃんまん
ここまでこれば今日からあんりごんもショップカードを活用できるね!
あんりごん
でもまだいまいち、自分のビジネスにどう活かすかイメージつかないなあ。

1番大切なことってどう活用するかじゃない?

ショップカードの作り方を一通り学んだだけでは2流のビジネスパーソン。それを自分のビジネスに活かしてこそ1流と言えます。例えば、堤の場合であれば英会話スクールを経営しています。英会話スクールの経営で1番怖いことって新規顧客が獲得できないことではなくって、実は「退会者」が出ることなんです。新規問い合わせがどんどんあっても退会者が多ければそれはザルも同然。その退会者を減らすためにもポイントカードは一助となります。

「退会者 外国人」の画像検索結果

例えば、レッスンの中で生徒にタスクを与え、それを生徒がクリアしたとき。グループレッスンでチーム対抗にし、勝利したとき。そんなときにポイントを付与すれば楽しみながら英語を学べますよね。一定数ポイントがたまれば景品と交換できるようにします。一見子どもだましのようですが、意外とこういった細かいことがモチベーションを上げることに繋がります。毎回のただ単調なレッスンになってしまうと生徒は特別な想いがない限り、モチベーションが下がってしまい、やっぱり英語辞めようかな、となることも考えられます。

今回は「退会者を防ぐ」という観点でショップカードの利用の一例でしたが、英会話スクールで見ただけでも、ショップカードの利用法っていろいろありますよ。

次に、新規問い合わせを増やすという観点で見てみましょう。

僕の運営する英会話スクールCOMULINKでは大手のように広告をバンバン使わないだけに、口コミによる生徒募集が大きな役割を果たします。そんな中で、ただ既存の生徒さんに「お友達を紹介してね~」と声かけするだけでは生徒も具体的に動きようがありませんし、なによりインセンティブがなければ人間は動きません。

そこで今回のショップカードです。英会話スクールって9月~12月の時期は割とお問い合わせが減る傾向にあります。そんな時期に「お友達紹介キャンペーン」と題してお友達を紹介した時に、1人につき1P付与などと設定し、ポイントごとに景品を設定しても面白いですよね。ちなみに堤はこういうのは燃えるタイプです。

ほんの一例ですが、下のようにそれぞれもらえるポイントをタスクの大きい順に設定します。

【タスク】

・お友達が年間契約50万円以上のコースに入学したとき…8P

・お友達が年間契約30万円以上のコースに入学したとき…5P

・お友達が年間契約10万円以上のコースに入学したとき…3P

・お友達が体験レッスンに来てくれたとき…1P

【景品】

・ディズニーペアチケット…8P

・商品券10,000円分…5P

・スタバ2,000円分カード…1P

これは今僕が適当に考えたので、もっともっと自分のビジネスに合わせて細かく設定してもいいですね。例えば、1人無料体験に呼ぶためにかかる広告費っていったいいくら使っているのかを算出します。それが仮に2,000円かかっているとしたら、お友達が1人体験レッスンに来てくれるときに1P付与(1P = 2,000円相当)とすればいいですね。COMULINKは体験レッスンを受けてくれたら成約率は95%以上なので、ほぼ契約してくれます。これが成約率50%とかであれば、また付与ポイント数も考えなければいけませんが、こんなイメージでショップカードを応用利用してみてはどうでしょうか。

2つとして同じやり方なんて存在しない

LINE@のショップカードを作ることって100人学んだら100人同じやり方です。しかし、その利用方法は自分のビジネスや状況によって100人100色です。ここでビジネスマインドというか、物事をビジネスとして捉える力が大切になってきます。以下のフレームワークに沿ってご自身のビジネスにどう活かせるのか、必ず考えてみてください。この記事を読んでいるだけではあきまへん。行動することですね!

ショップカードの利用方法は?(LINE@登録数を増やすため?友達紹介を促進するため?来店頻度を増やすため?)

ランクアップカードの効果的な利用方法とは?

ポイント付与・統計管理はどう分析する?(複数キャンペーンをしたときにどのキャンペーンが1番効果的だったのか実数測定できる)

英会話スクールCOMULINKであれば、

①友達紹介を促進するため

②たくさん紹介してくれる生徒にはランクアップカードを適用し、さらに豪華な賞品がもらえるようにする

③お友達紹介キャンペーンも期間や内容を定期的に刷新し、どのキャンペーンが1番効果的だったか測定

のように考えられますね。繰り返しになりますが、自分のアタマで考えることが大切です。

あんりごん
勉強になった~!わたしも自分のサービスに置き換えて考えてみるね!
たけちゃんまん
いえす!ぜひやってみて!!ところで、あんりごん、僕に女の子紹介するたびに1Pあげるから紹介して!笑
あんりごん
ぜったいやだ!!!!笑

その他もっともっと活用する方法や、メッセージの効果的な配信方法が知りたい方は今すぐ全22本のLINE@フルサポート動画をマーケリンクのLINE@お友達追加して手に入れてね!

友だち追加

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

LINE@お友達追加で、
LINE@の全てがわかる全22本の
フルサポート動画プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です