LINE@使い方シリーズ メッセージ配信方法とその考察

いつもありがとうございます、なんだかワクワクしている堤です。

あんりごん
たけちゃんのことだからどうせまた中日ドラゴンズが勝ったからワクワクしているんでしょ。
たけちゃんまん
それもあるけれど、今日はいよいよ、LINE@の醍醐味が皆さんにお伝えできるからワクワクしているんだよ!
あんりごん
LINE@の醍醐味?
たけちゃんまん
そう!メッセージ配信を伝えられるからね~
あんりごん
単純にメッセージを送信する以外にどんな方法があるか知りたいなあ!
たけちゃんまん
そうだよね。実はLINE@には様々なメッセージの送信の仕方があるんだけれど、その使い方で効果が大きく変わってくるんだよ。
あんりごん
それは楽しみ!

本当は中日ドラゴンズが快勝してワクワクしていただけの、あんりごんに完全にお見通しされていた堤ですが、なんだか本当にLINE@の強みを伝えられるという事でワクワクしてきました。それでは皆さんも堤とあんりごんと一緒にメッセージ送信の仕方・その工夫例を見ていきましょう!ヒア・ウィ・ゴッ!

LINE@メッセージ作成方法

まずはいつものようにここからLINE@MANAGERに入りましょう。

入ったら、自分のアカウントを選択後、この画面のように「メッセージ」ボタンをクリックします。

そうするとさらに細かく「投稿一覧」「新規作成」「自動応答メッセージ」「キーワード応答メッセージ」「友だち追加時あいさつ」という5項目が出てきますので、ここで「新規作成」をクリックします。

配信範囲の設定の仕方

順にメッセージ作成時の項目を見ていきましょう。まずは「配信範囲」。「友だち全員」か「属性で絞り込み」を選択できます。但し、「属性で絞り込み」は21,600円/月のプロプランに加入しないと絞り込むことはできないので、ここでは割愛します。(2019年春以降は、プロプランでなくても利用できるようになります。)

たけちゃんまん
ちなみに「属性で絞り込み」ってあんりごんはイメージわく?
あんりごん
例えば、住んでいるところや性別によってメッセージを配信するかしないかを決めることかなあ?
たけちゃんまん
その通り、性別・年齢・都道府県で絞り込むだけでなく、友だちになってもらっている期間で絞り込むこともできるんだ!
あんりごん
すごいねえ。でも具体的にはどんな時に絞り込むの?一見、友だち全員にメッセージ配信したほうがよさそうだけど。
たけちゃんまん
確かにそうとも言える。但し、名古屋で行うセミナー案内のメッセージを東京にいる人に送っても、あまり効果はないよね。自分ゴトとして捉えられないメッセージの配信が続くと、人って自然とブロックしたくなってしまうから、そういう意味で配信を絞り込んだほうが良い時もあるんだ。
あんりごん
なるほど!他にはどんな絞り込み工夫例が考えられる?
たけちゃんまん
例えば、6か月以上友だちになってもらっている人限定でクーポンを配信とかもできるよね!
あんりごん
確かに!
たけちゃんまん
こうすることで特別感を出すこともできるし、特別感を出せば、そのお店やサービスに愛着・親近感もわくし、必然的にブロック率も下がりそうだね。いつも言っているけれど、こうした優れた機能は自分のビジネスによってよく使い方を考えて使うべきなんだ。

コラムでちょっとブレイク…

ちなみに僕は前職で大手英会話スクールに所属し、英会話スクールコンサルタントとして業務を行っていました。横浜市内にある地域の子ども英会話57教室のコンサルティングを一括に担当していましたので、かなり大変。当時、こうしたコンサルティング業務ではメール連絡は厳禁で、連絡手段は営業所からの電話のみでした。1つのことを伝えるのにも電話だとものすごく時間がかかるし、そんな時、各教室の先生たちに僕のLINE@を登録してもらって、そこにポンッと一括で情報を流せたらどれだけ楽だったか…。笑

今となってはそんなことも幻ですが、個人事業主だけでなく、会社員も使い方によってはLINE@って重宝するものになり得そうですね。

日時設定の仕方

そして次は日時指定です。もちろん、配信の準備作業を夜中にやっていて、そのまま夜中に配信したら迷惑ですから、日時指定をしようっていうことになります。また、配信する時間もよく考えるべきです。つまり、LINE@に登録してくれた方がどの時間帯によく見てくれるのかを考えるべきです。

あんりごん
基本的に仕事をしている時間はすぐには見られないよね?
たけちゃんまん
そうそう。一般的には①朝の通勤時間(8時前後)②お昼のランチ休憩(12時前後)③夜のゴールデンタイム(20時前後)を良いと言われているよ。

そして配信メッセージが1件のみの場合は、ホームの投稿も同時に可能です。

>>ホームってなんやら?という方はこちらの記事を見るべし!べし!!

メッセージ配信の仕方

たけちゃんまん
さあ肝心のメッセージの種類だけど、実は単に文章を送るだけではなく、様々な種類の文章が送れるんだ。
あんりごん
へえ~どんなだろう!
たけちゃんまん
今日は字数の関係で長くなっちゃいそうだから、一般的なメッセージのみ紹介するよ!
あんりごん
ブログの字数の問題って言うより、たけちゃんが長文打つの疲れてきたからでしょ。
たけちゃんまん
ばれてる…。

図のように複数ボタンが並んでいる中のまずは1番左上、「テキスト」をクリックします。「テキスト」をクリックすると図のように、文章が打てるようになります。こちらに直接文章を記入して可愛い絵文字までつけることができます。1つの吹き出しについて500文字までうちこむことができるので、1回のメッセージ配信で物理的には最大で1,500文字まで送信することができます。

あんりごん
メッセージ配信で何か気を付けることってあるの?
たけちゃんまん
あまり文字ばかり長文でうつと、本当に見にくいからできるだけシンプルなメッセージを心がけたほうがいい。ただ単に長い文章はある意味スパムと一緒でLINE@って思った以上に簡単にブロックされてしまうからそこは注意したいね。

LINE@の配信をプレビューで確認&テスト配信

テキストを記入し終わったら、最後に「新規作成」の上の方まで戻ると「プレビュー」ボタンがありますので、これでどのようにメッセージが配信されるか確認してから配信ボタンを押しましょう。このプレビューでも十分なのですが、どうしてもスマホで配信された時の画面で確認したいということであれば、以下の手順で「テスト配信」することができます。

▼プレビューの隣の「下書き保存」ボタンを押す。

▼そうするとそのままテスト配信できる画面に遷移しますので、ここから「テスト配信」ボタンをクリックします。

最後に「自分のみ」または「すべてのログインユーザー(運用担当者など)」どちらに配信するのかを選択できますので、決めたら「テスト配信」ボタンを押せば完了です。

たけちゃんまん
テスト配信でOKだったら、実際に下書きのところから再度編集して送信できるから、これでもうばっちりだね!
あんりごん
とてもシンプルでわかりやすくかったね!

シンプルなメッセージを配信する工夫例

先ほどから見てきたようにあまり長い文章ですとブロックされてしまう確率が上がってしまうし、吹き出しが2つ以上になってしまうと、当然無料プランで運用している人は月1,000件までのメッセージ数の消化になってしまいます。例えば、有効なお友達が100人いて、1回につき吹き出し2つ送ったら、それは100人×2メッセージで「200」消化とみなされ、当月内で残り「800」しか配信できないことになります。見てほしいものがあってどうしてもそれが長くなってしまうような場合は、単純にメッセージ内にURLを貼り、別リンクでとばすとよいでしょう。

※なお、2019年春以降は、メッセージ配信のカウント数の定義も変わり、3吹き出しまでなら1配信としてカウントされます!

あんりごん
今日はシンプルなメッセージの配信だったけれど、次回はもっと面白いものが出てくるの?
たけちゃんまん
そう、また次のブログ記事を楽しみにしていてね!
あんりごん
ちなみにシンプルにたけちゃんに思っている事伝えていい?
たけちゃんまん
何?
あんりごん
たけちゃんって眉毛薄くない?
たけちゃんまん
シンプルに僕の悪口言ってブログを締めようとしないでね、あんりごん。笑

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください