★素敵さん紹介No.6 セミナープロデューサー 加納千絵さん

いつもありがとうございます、堤です。

▼僕のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください(^^)

堤 建拓ってどんな人?名古屋のSNS・WEBマーケッター

2018.07.03

とあるセミナーに参加したときに、「好きな食べ物は何ですか?」と他の参加者に聞かれ、「ファミチキ(=ファミリーマートで売っているチキン)です。」と答え、その次に聞かれた質問が「1か月に何個くらい食べますか?」という質問だったため、「1日に2個くらい食べるから…1か月に60個くらいですかね。笑」と答え、自分で自分をドン引きした堤です。

ほぼ1日に2個食べているので、概算すると、140円×60個=8,400円がファミチキだけで1か月消えます。

 

何の話や。

 

さて、そんな自分で自分をドン引きした日、2017年12月7日に同じくしてインタビューさせてもらった、素敵さんNo.6。

セミナープロデューサー/LINE@集客活用アドバイザーTomorrow Labo 代表の加納 千絵ちゃんです!

千絵ちゃんは素敵さんNo.4のずっきーと同じく、僕が1年前、名古屋に帰ってきたばかりのころに出逢った起業家の方。ご縁があり、ずっと仲良くさせて頂いているのですが、今日はインスタ映えするオシャレなランチをなんと奢ってもらいました。千絵ちゃん曰く、次回は僕に10万円の松坂牛ステーキを奢ってくれるそうです。(1%の本当の可能性を信じたい)

さて、千絵ちゃんはもともと10年間、美容師やネイルなど、美容業界で働かれていました。現在は全く畑違いに感じるセミナープロデュース、LINE@を活用した集客アドバイザーをされています。共通の知人も多い、千絵ちゃんですが、深いお話が聞けるのは初めてなので楽しみです!

たけちゃんまん
実は僕がLINE@に興味を持ったのも、千絵ちゃんのLINE@ミニセミナーに行ったのがきっかけだったんだ!
あんりごん
そうなんだね!実際にたけちゃんはLINE@活用してみたの?
たけちゃんまん
うん!千絵ちゃんに教えてもらったことをベースに、以前運営していたイベント団体で使ってみたことがあるんだ。また別記事で詳しく書くけど、ちゃんと活用すると凄い効果を発揮することを実感したよ!

>>成約率96.1%を達成したLINE@使い方の真実を知りたい方はこちらの記事

ちなみに堤が最近始めたMARKELINKのLINE@はこちらから!
登録すると、

LINE@アカウント開設から効果的な活用法までまとめたLINE@フルサポート動画全22本

 

友だち追加

 

それではまずはそんな千絵ちゃんの過去にチェケラしましょう!!ヒァ、ウィ、ゴッ!

自分とは何か、人のために何ができるのか

千絵さんの人生は常に「自分とは何か、自分は何がしたいのか」を問うてきた人生でした。自分は世の中に何を届けられるのだろうか、そう考えたときに、人を綺麗にして喜んでもらいたいとの想いから美容業界へ進むことになります。千絵さんはこれまでメイク、ネイル、エステ等々、美容業界に10年間携わってきました。

ご自身曰く、人よりも何倍も努力しないとできないタイプ。技術を習得するのに時間もかかるタイプだし、人の倍努力してやっと同じレベルに並べるくらい。しかし、美容師として働いていた時はアシスタント指名数が5店舗中No.1だったと言います。なぜ千絵さんは他の美容師より圧倒的成果を出せたのでしょうか。

千絵さんの本質に迫る

千絵さんは美容室に来てもらってお客様に「ありがとう。」と言ってもらえるその瞬間が大好きでした。美容を通じて、お客様を癒してあげたい、それはお客様の話を聞くことも含めて。美容の技術でお客様にもっと綺麗になってもらうことももちろん大切なのですが、千絵さんはお客様との時間を大切にしていました。

しかし、美容師という職業柄、どうしても短い時間でお客様を長く待たせることなく、仕事をこなしていかなければなりません。「もっと話が聞きたいのに。」「千絵ちゃんのおかげでまた明日からも頑張れる!と言ってもらえるのが私のゴール。でも早くやらなきゃいけない。」千絵さんの中で次第にそう思うようになりました。

千絵さんは自宅でネイルサロンを開いていたこともあります。しかしこれで本業として稼ごうと思っていたわけではありません。そこにあるのはやはり「美容やネイルを通して人を癒したい」という軸。だからどんどん稼ぐために1日に何人もやりたい、というわけではありませんでした。

人に笑顔になってもらうとは

自分の理想とする自宅ネイルサロンの運営の仕方では、自分の生計が立てられない。そんな中、当時ご縁があり、副業として始めたのがLINE@の販促営業。そこで千絵さんは思わぬことに気づくのです。

「人に笑顔になってもらいたい、という私の目的を達成するためにはもしかしたらLINE@のほうが近いかもしれない。LINE@セミナーをやっていて、直に人と接し、参加者の方の悩みを解決してあげられる。そしてみんなが同じ場所に集まって、そこで何かを得て、新しいものを作り出せる。それって凄いな。」

―――こうして創り上げられた今日のセミナー・イベントプロデューサーとして、LINE@集客活用アドバイザーとしての加納千絵さん。次に現在の千絵さんのお仕事に迫ります。

Tomorrow Labo誕生の瞬間

当初はLINE@の講師をすることは考えていなかった千絵さんだが、「LINE@を教えてほしい」という多くの声をいただき、講師としてそのキャリアをスタートさせました。現在はLINE@講師を超えて、B to Bで企業と年間顧問契約を結び、店舗集客のコンサルタントとしても活躍する千絵さん。「Tomorrow Labo明日を創り出す研究所」にあらわれるように、明日の気づきになるようなきっかけを与えたいということ。相手に求められて臨機応変に対応し、LINE@はもちろん、店舗に直接訪問し、集客に関してスタッフに直接指導するなど、相手から求められることに応えてきました。その結果が、現在のように自分から売り出さなくてもひっきりなしに仕事を頂けていることは容易に想像がつきます。

たけちゃんまん
話は少し変わるけれど、僕が思うのは千絵ちゃんって相槌力が凄いんだ。
たけちゃんまん
めちゃくちゃ疲れていたとしても10年間接客していた職業病で最高の相槌ができるんだ。笑
あんりごん
たけちゃんなんか、疲れているとき、最高の「塩対応」相槌だもんね。

※塩対応…神対応の反対語。無表情、無反応、相手に興味を示さないなど最高に愛想が悪い対応のことを一般的には言う。堤は疲れているとき究極の塩対応になることで有名。その塩対応ぶりは全米をも驚嘆させる。

LINE@に代表するSNSの可能性を千絵さんが語る

これから、世の中、SNSはどんどん変化していきます。SNSの多くは無料のツールであり、その活用次第では無料で人を集められてしまう時代です。でもどんなに時代が変わっても、不変なことって人のコミュニケーションだと思うんです。1番集客できるのはやはり口コミ。昔と今で多少やり方が変わっただけで、本質は同じです。それにSNSを活用することで、爆発的に口コミが拡散できるようになりました。SNSをツールとして使って一方的に届ける時代は終わりました。時代はやはりコミュニケーション。SNSは人を繋ぐツールなんです。

たけちゃんまん
千絵ちゃん、力強い言葉ありがとうございました。いつも朗らかで優しい千絵ちゃんだけれど、芯はしっかり据わっていて、本当にインタビューしていて勉強になります。ありがとうございます。

最後に恒例の堤とは?一言で表すと!

優しいメガネ。いや、やっぱりメガネ大感謝祭で。

たけちゃんまん
何そのメガネ大感謝祭って。笑

真面目に答えると、メガネ+感謝=たけちゃん。ということ。人に感謝することを忘れず、人とのご縁を大切にして仕事にもしている。そしてそのつかんだチャンスを離さない。人に対する心遣いができているからだと思う。

たけちゃんまん
チョける用と真面目用の解答2つ用意してくれていたんだね、ありがとう。笑
たけちゃんまん
じゃあ逆に僕も千絵ちゃんを図式で表すと、LINE@+素敵なお姉さん=千絵ちゃんかな。
たけちゃんまん
ちなみにあんりごんを図式で表すと、エセ天然+ぶりっ子=あんりごんかな。
あんりごん
私をオチに使うなー!笑

 

【プロフィール】

セミナープロデューサー/LINE@集客活用アドバイザー

Tomorrow Labo 代表 加納 千絵

LINE@販促営業を1年間名古屋で担当。月1回LINE@セミナー・交流会を開催。その経験とノウハウを生かし、セミナープロデューサー兼LINE@講師・アドバイザーとして独立。

担当した飲食店のLINE@ユーザーを1週間で100名、1か月で300名、4か月で1,000名を登録させる仕組みづくりを提案し、現在もユーザーは増え続けており、集客と売り上げに繋げている。

★本記事で紹介したMARKELINKのLINE@でプレゼントの貰い忘れがないよう登録!!

友だち追加
たけちゃんまん
ぜったいぜったいぜったい登録するのだ!!!!

▼MARKELINKのLINE@もぜひお友達になってくださいね(^^)

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

MARELINKのLINE@もお友達になってくれると嬉しいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください