★素敵さん紹介No.10 旅するシンガーあゆゆ 石黒愛弓さん

いつもありがとうございます、堤です。

▼僕のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください(^^)

堤 建拓ってどんな人?名古屋のSNS・WEBマーケッター

2018.07.03

好きなハーゲンダッツの味はクッキー&クリームの堤です。いつかハーゲンダッツの業務用のでっかいの食べてみたいなあ…と思う今日この頃です。かつてストレスがたまるとハーゲンダッツを鬼食いしていたことをふと思い出しました。

本日は素敵さん紹介No.10ということで、大学時代の数少ないお友達である「あゆゆ」を紹介したいと思います。あゆゆは1つ年下の後輩にあたり、ゼミも当時から一緒でした。

あんりごん
たまにたけちゃんの会話の中に登場する「あゆゆ」だね!
たけちゃんまん
そうそう!大学時代、あゆゆと一緒にゲームセンター行って、2時間で1万円とか普通にUFOキャッチャーに使ってたわ。
あんりごん
お金も時間も当時は有り余っていたのねw

それでは早速、大学時代から仲良くさせてもらっているあゆゆの紹介だよ!ヒア・ウィ・ゴッ!

堤から見たあゆゆとは?

とにかく変わりもの。ですが、英語で言うと決してstrange(奇妙な)ではなくunique(ユニーク)なほうです。大学時代、多いときは週に3~4回ほど遊んでいました。現在SE(システムエンジニア)として名古屋で勤務しているあゆゆですが、1年のうち、合計すると1か月に迫る勢いで東京に遊びに行く彼女はとにかくフットワークが軽いです。僕のフットワークの軽さやLINEの返信の速さはきっと彼女から学びました。笑

注目の的、順風満帆な人生に見えたその闇

昔から何をやっても注目されるタイプだったあゆゆ。テストをやれば満点。ピアノは地区大会優勝。絵も毎年表彰。何か応募すればなんでも選ばれる。ほっといても注目を浴びられる。そんな存在でした。

また、幼少期から自分でオリジナルの遊びを考えるのが得意でした。例えば、おにごっこをするにしても+αでルールを作ってみんなを楽しませたり、学校の通知表のコメント欄にも自分で遊びを作って工夫して考えているというコメントがあったりしました。ピアノの関係で学校が違う人とも仲良くなることもあり、昔から交友関係は広かったと言います。小学生のころから今でいう「オフ会」に近いものを開くなど、人と人とを繋ぐことを当時からしていました。

しかし実際は、人と深く仲良くなるのが苦手だということ。飽き性である性格もあり、友達はたくさんいるけれど、逆に仲のいい友達がいないなんてこともありました。例えば、授業中に2人組を作ってと言われたときに、一瞬ヒヤッとしたこともあるそうです。

仕事もプライベートも充実させたい

そんなあゆゆも現在は大手IT企業にSEとして勤務しています。もともとバリバリ勉強して良い企業に就職しプライベートも充実させようと考えていたあゆゆは、有言実行、SEとして働きながら歌手活動とカラオケサークル代表もアクティブにこなしています。

もともとピアノをやっていて音楽のほうに進もうかと思ったくらい、音楽が好きなあゆゆは就職してからでさえ音楽を続けようと思っていました。就職してから1年間は何もありませんでしたが、友達がBARで歌ったみたいな話をたまたま聞いて、自分も頑張りたいな、そう思ったあゆゆは2016年4月、友達のイベントで初めて歌を披露することになります。飲み会しながら傍らでアーティストが歌う、それほど大規模なものではありませんでしたが、あゆゆはこれを機に自らのプロフィールに「歌手」として記載するようにしました。

初めての歌手活動にしてまさかの展開

プロフィールに「歌手」と記載してわずが数日後、たまたま、あゆゆのプロフィールを見た東京の音楽プロデューサーから声がかかったのです。歌手活動2回目して何百人という出席者がいる芸能界のパーティーで歌うという経験をオファーされました。今出たら人生が変わるかもしれない。断る理由はない。なんとそのパーティーの前日に声がかかったにも関わらず、持ち前のフットワークの軽さで東京へ向かったのです。

そのパーティーで歌も絶賛され、このまま歌手としての活動もずっと続けていきたいと思うようになりました。友達が毎月主催する歌イベント。栄ミナミ音楽祭。Blue Note。素敵なご縁のおかげで、普通は出られないような大きな歌イベントまで出演するようになりました。

たけちゃんまん
このころFacebookでその様子を見ていたけれど、どんどんあゆゆがBIGになっていくのが顕著にわかったよ。

本当にやりたいことは…?

様々なご縁もあって歌手としての活動を広げていくかに見えたあゆゆでした。ところが、好きなことをやっているにも関わらず、どこかモヤモヤする。2017年は数か月悩んだ時期もありました。好きなことやっているのに満足感が出ない。あゆゆは考えた末に、ある結論にたどり着きます。

「ライブに出たいという気持ち、これは本当。でも自分の気持ちとしてお客さんにもっと楽しんでほしいのが本音。ライブで本当にお客さんは楽しんでくれているのかな?私はお客さん主体でもっと楽しめる空間にいたい。」

考えた先にたどり着いたのは、ライブではなくカラオケ会でした。ただのカラオケ会ではなく、いろいろなコンテンツを盛り込んだカラオケ会(通称:あゆオケ会)を主催。例えば、恋歌企画。これは異性に向けたラブソングを歌う企画で、選曲・歌い方等総合的に判断して1番キュンとしたのは誰か投票する企画でした。これが昔から自分で遊びを考え、人を楽しませてきたあゆゆの根底にあるものであり、また、自分が主役でなくとも、素敵な人同士、参加者同士が繋がってくれたら嬉しいというあゆゆの想いがつまったものなのでしょう。他にも様々なカラオケ企画を自ら考案し、今では60人規模の大規模なサークルへと発展しています。

たけちゃんまん
他にもカラオケ会の内容を聞いてすっごく楽しそうだった。今度参加してみようかな。笑

あゆゆの未来像・こんな方と繋がりたい

具体的な夢は特にありません。私は夢に縛られてしまうのが好きではありません。夢とか目標は常に変化していくものだと捉えています。例えばもし歌手の夢だけにこだわっていたら、あゆオケもきっと誕生しませんでした。

しかし、私の本名である「愛弓」は愛の弓と書いてあゆみです。この名前のように、人と人を繋ぐ、人生に欠かせないキューピッドのような存在になりたいとは思います。あゆオケ会きっかけでもいいし、極論、手段は別に何でもいいんです。昔から好きだった人と人をどんどん繋げていきたいということ、そして、私のおかげで結婚相手が見つかった、ビジネスのパートナーが見つかった。カラオケしか好きじゃなかったけれど、人との交流もいいなと思ってくれる人がいたら本当に嬉しいです。

また、私自身、変わった人とつながりたいと思っています。変な人。面白い人。カラオケ仲間がいなくて困っている人やライブしたいけど、機会がない人も。そういう機会を創出するためにNPO法人を立ち上げようかという話も実はあったりします。

あゆゆ、ありがとうございました!大学時代から結構色々なことを知っているつもりだったけれど、改めて聞いてみると知らないことばかりだったなあ。それでは最後にあゆゆ自身を自分でタグ付けすると?

 

#変 #黒歴史 #行動力 #ポジティブ #旅 #音楽 #アイデア

 

ちなみにタグにあるように、ここには載せられない黒歴史があるそうなので、知りたい方は個人的に聞いてみてください。

あんりごん
たけちゃんこそ、黒歴史の塊だけどね。笑
たけちゃんまん
やかましいわっ!笑

他にもインタビューした素敵さんをチェックしてみたい方はこちら!

あゆゆと繋がりたい、あゆゆ主催のあゆオケ会に参加したい人はコチラを要チェケラしてね!

あゆオケLINE@→https://line.me/R/ti/p/%40gcf9892d

あゆゆTwitter→https://mobile.twitter.com/ayuyu_singer

あゆオケTwitter→https://mobile.twitter.com/Are_you_OK_OK

あゆゆInstagram→https://instagram.com/ayy_travelsinger613

あゆゆ(石黒愛弓)

「好きな会社で働きながら歌手活動したい」という夢を、様々なご縁によって叶え、2017年には栄ミナミ音楽祭やBlue Noteなど、憧れていたステージに出演。

現在も活動を続けながら、カラオケサークル「あゆオケ」代表を務めており、半年間でメンバー60名以上、一度の開催で最大30名が参加したという驚異のカラオケ会を運営している。

また、カラオケ以外にも「黒歴史会」「猫耳ナイト」「逆ヒッチハイク」などの斬新なイベントを開催し、クレイジーな企画がファンの心を掴んでいる。

今後、SEの仕事でも活躍しつつ、イベント主催を通して「人と人」「人と夢」など「人生を変える繋がり」を創り出せるような人物になることを目標としている。

シェアしてくださると堤が泣いて喜びます。

堤が全身全霊をかけて作った2大プレゼント!

LINE@追加でもらえます!

LINE@講座のご案内

個人起業家のためのWordPressブログ完全収益化マニュアル(全168ページ)

WordPressでブログを書いていくために、収益化に徹底的にこだわったマニュアル!これでダメならWordPressはあきらめてください!というほどわかりやすく図解してあります。

LINE@フルサポート講座 動画全22本

収益化には絶対必要なツール、LINE@。本動画ではかゆい所に手の届く、これまた収益化にこだわった動画解説で、最短1時間でLINE@アカウントが作成できてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください